日本気象学会賞 歴代受賞者一覧

日本気象学会賞メダル

日本気象学会賞
受賞年度 氏  名 業  績
2017年度 猪上  淳 北極の大気循環および大気-海氷-海洋相互作用の研究
渡邉 真吾
河谷 芳雄
重力波解像モデルを用いた中層大気大循環の研究
2016年度 竹川 暢之 先端計測に基づくエアロゾル生成過程に関する研究
三好 建正 アンサンブルカルマンフィルタによるデータ同化の高度化に関する研究
2015年度 小司 禎教 GNSS地上観測網による水蒸気量推定と気象学への応用に関する研究
2014年度 阿部 彩子 氷期・間氷期サイクルの機構解明に関する研究
鈴木 健太郎 新手法を用いた低層雲微物理特性の研究
2013年度 黒田 友二
向川  均
成層圏-対流圏結合系の変動と予測可能性に関する研究
竹村 俊彦 エアロゾルの気候影響に関するモデル研究
2012年度 渡部 雅浩 階層的数値モデル群を用いた気候変動モードのメカニズム研究
2011年度 岡本  創 能動型地球観測センサーによる雲・エアロゾル特性に関する先駆的研究
2010年度 藤部 文昭 異常気象・顕著現象の長期変動に関する解析的・統計的研究
2009年度 中西 幹郎
新野  宏
ラージ・エディ・シミュレーションに基づく改良Mellor-Yamada Level 3乱流クロージャーモデル(MYNNモデル)の開発と大気境界層の研究
2008年度 岩崎 俊樹 温位面上での質量重み付き帯状平均を用いた大気大循環の研究
青木 輝夫 積雪の光学特性とリモートセンシングに関する研究
2007年度 杉 正人 全球数値予報モデルの開発とそれを用いた気候予測に関する研究
佐藤 正樹
富田 浩文
準一様格子を用いた全球雲解像大気モデルの開発とそれによる熱帯対流雲集団のシミュレーション
2006年度 三上 正男 風送ダストの発生機構に関する研究
伊藤 久徳 大気循環のカオス的振舞いに関する力学的基礎研究
2005年度 鵜野 伊津志 アジア域を中心とした物質輸送モデルの開発と応用に関する研究
2004年度 中村 尚 中・高緯度の気候系と総観規模現象とのスケール間相互作用の力学的研究
木本 昌秀 グローバルな気候系の変動メカニズムに関する力学的研究
2003年度 津田 敏隆 GPSデータを活用した大気重力波の研究
2002年度 謝 尚平 熱帯域の気候形成とその変動に関わる大気・海洋相互作用の研究
塩谷 雅人
長谷部 文雄
赤道域成層圏オゾン分布の時空間変動と力学過程についての研究
2001年度 近藤 豊 大気オゾンの収支に関わる窒素酸化物の挙動の研究
露木 義 湿潤過程を含む4次元変分法による熱帯大気の4次元データ同化の研究
2000年度 斉藤 和雄 メソスケール現象の数値実験および予測に使用される非静力学モデルの開発
1999年度 山内 恭 南極域の気候形成における放射の役割に関する研究
川村 隆一 季節内変動から10年スケールにおける大規模大気海洋相互作用と気候変動の実態と機構解明に関する研究
1998年度 梶川 正弘 降雪粒子の落下運動に関する研究
高藪 縁 熱帯域の大規模擾乱に関する研究
佐藤 薫 中層大気重力波の研究
1997年度 佐藤 信夫 大気大循環モデル及び全球数値予報モデルへの生物圏モデルの導入ならびに大気大循環における陸面過程及び大気・陸面相互作用の研究
1996年度 小寺 邦彦 太陽活動と中層大気の力学過程とその関係に関する研究
上田 博 ドップラーレーダーによるメソ擾乱の発達機構に関する研究
1995年度 中島 映至 遠隔測定法による雲とエーロゾルの相互作用に関する研究
1994年度 高橋 正明 数値実験による準2年周期振動の研究
1993年度 鬼頭 昭雄 大気大循環モデルを用いた大気の長期変動に関する研究
木村 富士男 局地循環モデル開発とその応用
1992年度 余田 成男 簡単化された非線形モデルによる大気循環形態の研究
1991年度 青木 忠生 大気分光学の気象学およびリモートセンシングへの応用
廣岡 俊彦 プラネタリーロスビー波に関する解析的研究
1990年度 岩坂 泰信 南極成層圏エアロゾルの観測的研究
巽 保夫 局地スペクトルモデルの開発
1989年度 中澤 高清 大気中二酸化炭素濃度のグローバル観測
田中 浩 中層大気の波とその砕波に関する研究
1988年度 時岡 達志 大気大循環モデルの開発と、それによる大気大循環の数値実験的研究
小野 晃 大気エアロゾルの物質組成に関する研究
1987年度 山形 俊男 赤道域における大気・海洋結合系の力学に関する研究
秋山 孝子 梅雨前線上の中間規模低気圧にともなう降水系の研究
1986年度 安成 哲三
村上 勝人
熱帯域における大規模循環の変動に関する研究
1985年度 宮原 三郎 下部熱圏における大気潮汐波動と平均流の相互作用に関する理論的研究
木田 秀次 大気大循環モデルを用いた物質輸送の研究
1984年度 権田 武彦
黒田 登志雄
雪結晶の成長に関する研究
山田 哲二 クロージャ・モデルによる大気境界層の研究
1983年度 会田 勝 不均質環境の放射特性の研究
金光 正郎 熱帯域における東西循環・準定常超長波の実態解明と熱帯域数値予報の試み
1982年度 竹内 利雄
仲野 貢
北陸における冬の雷の研究
林 良一 新しい解析手法による赤道波等地球規模大気擾乱の機構の研究
1981年度 森山 茂 火星気象学の開拓
浅野 正二 大気粒子-特に非球形粒子-による光散乱特性の研究
1980年度 新田 勍 積雲対流と大規模運動の相互作用に関する解析的研究
1979年度 横山 長之 大気境界層の構造に関する研究
1978年度 瓜生 道也 大気波動と平均場の非線型相互作用に関する理論的研究
1977年度 菊池 幸雄 ブロッキングに関する研究
1976年度 近藤 純正 海面上の境界層の研究
廣田 勇 成層圏・中層圏におけるプラネタリー波の研究
1975年度 栗原 宣夫 統計的力学的大気大循環のモデルの確立と、その適用による大気大循環の季節変動の研究
田中 正之 混濁大気の放射伝達特性に関する研究
1974年度 菊地 勝弘 南極昭和基地における雲物理学的研究
1973年度 武田 喬男 長続きする降水セルに関する数値シュミレーション的研究
1972年度 大山 勝通
山岬 正紀
台風の数値実験および熱帯波動じょう乱の不安定理論
1971年度 光田 寧 超音波風速温度計の開発とそれによる大気乱流の研究
1970年度 三崎 方郎 大気イオンスペクトラムの研究
松野 太郎 赤道付近の準地衡風的運動の研究
1969年度 松本 誠一
二宮 洸三
降雪に伴う中規模じょう乱に関する研究
1968年度 浅井 冨雄 積雲対流に関する理論的研究
1967年度 高橋 劭 雷雲中における電荷発生の基礎的研究
1966年度 立平 良三 気象レーダーによる気象現象の解析的研究
1965年度 樋口 敬二 降雪雲の構造的研究
1964年度 竹内 清秀 接地気層の乱流構造に関する研究
1963年度 荒川 昭夫 大気大循環における擾乱の役割について
1962年度 柳井 迪雄 台風の発生、発達、衰弱に関する研究
1961年度 笠原 彰 台風およびハリケーンの研究
駒林 誠 暖かい雨の降水機構の研究
1960年度 小林 禎作 雪の結晶習性に関する研究
毛利 圭太郎 日本上空のジェット気流の解析的研究
1959年度 増田 善信
伊藤 宏
台風の進路予想
北川 信一郎
小林 正治
雷雲の電気的構造および電光放電機構の研究
1958年度 山元 龍三郎 微気圧波に関する研究
礒野 謙治 氷晶および凝結核の研究
1957年度 須田 健
朝倉 正
広範囲高層天気図の解析的研究
平尾 邦雄
田尾 一彦
電波気象学に関する研究
1956年度 佐々木 嘉和
都田 菊郎
台風の進路予報の研究
澤田 龍吉 大気潮汐に関する研究
1955年度 黒岩 大助 電子顕微鏡による霧核の研究
村上 多喜雄 梅雨あけの機構に関する研究
1954年度 井上 栄一
小倉 義光
大気乱流の研究