第4回京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム(KUIP)

いつ:
2017年7月1日 – 2017年7月2日 全日
2017-07-01T00:00:00+09:00
2017-07-03T00:00:00+09:00
どこで:
京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール

第4回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム
        ——————————————————–
The 4th Kyoto University-Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium

□ 開催日     平成29年7月1日(土)~2日(日)
□ 場所       京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール
   http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
       (建物番号3)
□ 主催       国立大学法人 京都大学
□ 共催       公益財団法人 稲盛財団

□ 統一テーマ 「夢とロマンをはぐくむ芸術および科学・技術」

□ 概要 2014年から始まったこのシンポジウム、第4回となる今年度は
    「映画・演劇」、「材料科学」、「地球科学・宇宙科学」の
    3分野を対象に開催します。
    いままさにそれぞれの分野で活躍中の世界的権威による、専門家のみ
    ならず、学生や一般市民の方をも対象とする公開シンポジウムです。
    異分野のトップランナーが一堂に会するこの上もない知的興奮を是非
    ご体験ください!
    なお、すべての講演は同時通訳(日英)が行われます。
    また、各講師の略歴や講演概要は下記のWebサイトで公開中です。

□ Webサイト  http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/  (「KUIPシンポ」で検索)
□ 参加費      無料 (ただし、事前申し込みが必要です。)
□ お申込み    上記のWebサイトから申し込みいただけます。(定員 500名)
□ お問合せ    KUIP@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
        京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム事務局
       (吉田、細川、川畑、石塚)

—-プログラム始まり—————————————————

【 7月1日(土)13:30~17:30 】

■ オープニング・セレモニー(ご挨拶)               13:30~14:00
   【司会】時任宣博(京都大学)
    京都大学 山極壽一 総長
    稲盛財団 稲盛和夫 理事長

■ 映画・演劇分野 「人は何のために演じるのか 
           -芸術の人間にとっての意味を考える」    14:00~17:30
   【司会】 鈴木晶子(京都大学)、平田オリザ(劇作家・演出家)
   【公演・講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明  (鈴木晶子)
   ・子ども歌舞伎の紹介  (平田オリザ)
   (公演)横仙歌舞伎こども歌舞伎教室 (岡山県奈義町教育委員会)
        「絵本太功記十段目 尼崎の場」
   ・平田オリザ (劇作家・演出家)
        「コミュニケーションの装置としての演劇」
   ・中沢新一 (人類学者)
        「芸術のロゴスとレンマ」
   ・大森一樹 (映画監督・脚本家)
        「人が演じることが、映画からなくなる時」
   (討論)鈴木晶子、平田オリザ、中沢新一、大森一樹

【 7月2日(日)9:30~17:50 】

■ 材料科学分野 「持続的未来のための新しい材料探索」
9:30~12:40
   【司会】 野田 進(京都大学)、田中良典(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (野田 進)
   ・北川 進 (京大)
       「持続的未来のための気体の科学と技術」
   ・Shanhui Fan (スタンフォード大)
       「ナノフォトニクスおよびそのトポロジカルサイエンスとの
        融合:光に対する人工ゲージポテンシャル」
   ・十倉好紀 (理研・東大)
       「絡み合う物質の中の電気と磁気」
   ・大野英男 (東北大)
       「スピントロニクス –III-V族磁性半導体の創成から集積
        回路応用まで-」
   ・総括コメント

■ 地球科学・宇宙科学分野 「地球・宇宙に対する新たな夢とロマン」 14:00~17:10
   【司会】 余田成男(京都大学)、柴田一成(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (余田成男)
   ・平 朝彦 (海洋研究開発機構)
        「プレートテクトニクス、日本列島、そして「ちきゅう」」
   ・Tim Palmer (オックスフォード大)
        「決定論から確率論へ:気象および気候の予報における
         アンサンブル予報技術の開発」
   ・小山勝二 (京大名誉教授)
        「京都千年の超新星のX線研究」
   ・Jocelyn Bell Burnell (オックスフォード大)
        「宇宙の花火 – 宇宙の突発事象を発見する」
   ・総括コメント

■ クロージング・セッション (3分野合同対話セッション)     17:10~17:50
   【司会】時任宣博(京都大学)
   【登壇予定者】山極壽一 (京都大学総長)
       各分野の招へい講師および企画担当委員
   「シンポジウムの総括と将来展望 -統一テーマの視点から-」

      (注:プログラムは予告なく変更されることがあります。)