九州大学主催講演会「地区防災とレジリエンス」

いつ:
2018年3月6日 @ 2:00 PM – 3:00 PM
2018-03-06T14:00:00+09:00
2018-03-06T15:00:00+09:00
どこで:
九州大学大橋キャンパス
料金:
無料

【九州大学応用生理人類学センター主催】

講演会「地区防災とレジリエンス」

 

日時 201836日(火)14001730

場所 九州大学大橋キャンパス511教室・512教室

対象 研究者、大学、行政、教育関係者等防災研究に関心のある方

   入場無料・申込は地区防災計画学会HPへ http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/

 

 九州大学応用生理人類学研究センターでは、災害時の避難所におけるストレス対策の研究等を行っています。本講演会では、東日本大震災後に、内閣府で「災害対策基本法」改正を担当し、「地区防災計画制度」を企画立案した西澤雅道 福岡大学法学部准教授等を招き、「地区防災とレジリエンス」の在り方について、地域防災力強化の観点から検討します。

  

 主なプログラム

  前田享史 九州大学応用生理人類学研究センター長・教授「生理人類学とレジリエンス」          

  西澤雅道 福岡大学法学部准教授(内閣府より派遣)

  金 思穎 日本学術振興会特別研究員(DC2・専修大学) 「基調講演 地区防災とレジリエンス」     

                         

  尾方義人 九州大学芸術工学研究院准教授       「災害とレジリエンスアシストサービス」     

  藤 智亮 九州大学芸術工学研究院准教授       「社会実装とレジリエンスデザイン研究について」