行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

7月
1
2017
第4回京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム(KUIP) @ 京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール
7月 1 – 7月 2 全日

第4回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム
        ——————————————————–
The 4th Kyoto University-Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium

□ 開催日     平成29年7月1日(土)~2日(日)
□ 場所       京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール
   http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
       (建物番号3)
□ 主催       国立大学法人 京都大学
□ 共催       公益財団法人 稲盛財団

□ 統一テーマ 「夢とロマンをはぐくむ芸術および科学・技術」

□ 概要 2014年から始まったこのシンポジウム、第4回となる今年度は
    「映画・演劇」、「材料科学」、「地球科学・宇宙科学」の
    3分野を対象に開催します。
    いままさにそれぞれの分野で活躍中の世界的権威による、専門家のみ
    ならず、学生や一般市民の方をも対象とする公開シンポジウムです。
    異分野のトップランナーが一堂に会するこの上もない知的興奮を是非
    ご体験ください!
    なお、すべての講演は同時通訳(日英)が行われます。
    また、各講師の略歴や講演概要は下記のWebサイトで公開中です。

□ Webサイト  http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/  (「KUIPシンポ」で検索)
□ 参加費      無料 (ただし、事前申し込みが必要です。)
□ お申込み    上記のWebサイトから申し込みいただけます。(定員 500名)
□ お問合せ    KUIP@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
        京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム事務局
       (吉田、細川、川畑、石塚)

—-プログラム始まり—————————————————

【 7月1日(土)13:30~17:30 】

■ オープニング・セレモニー(ご挨拶)               13:30~14:00
   【司会】時任宣博(京都大学)
    京都大学 山極壽一 総長
    稲盛財団 稲盛和夫 理事長

■ 映画・演劇分野 「人は何のために演じるのか 
           -芸術の人間にとっての意味を考える」    14:00~17:30
   【司会】 鈴木晶子(京都大学)、平田オリザ(劇作家・演出家)
   【公演・講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明  (鈴木晶子)
   ・子ども歌舞伎の紹介  (平田オリザ)
   (公演)横仙歌舞伎こども歌舞伎教室 (岡山県奈義町教育委員会)
        「絵本太功記十段目 尼崎の場」
   ・平田オリザ (劇作家・演出家)
        「コミュニケーションの装置としての演劇」
   ・中沢新一 (人類学者)
        「芸術のロゴスとレンマ」
   ・大森一樹 (映画監督・脚本家)
        「人が演じることが、映画からなくなる時」
   (討論)鈴木晶子、平田オリザ、中沢新一、大森一樹

【 7月2日(日)9:30~17:50 】

■ 材料科学分野 「持続的未来のための新しい材料探索」
9:30~12:40
   【司会】 野田 進(京都大学)、田中良典(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (野田 進)
   ・北川 進 (京大)
       「持続的未来のための気体の科学と技術」
   ・Shanhui Fan (スタンフォード大)
       「ナノフォトニクスおよびそのトポロジカルサイエンスとの
        融合:光に対する人工ゲージポテンシャル」
   ・十倉好紀 (理研・東大)
       「絡み合う物質の中の電気と磁気」
   ・大野英男 (東北大)
       「スピントロニクス –III-V族磁性半導体の創成から集積
        回路応用まで-」
   ・総括コメント

■ 地球科学・宇宙科学分野 「地球・宇宙に対する新たな夢とロマン」 14:00~17:10
   【司会】 余田成男(京都大学)、柴田一成(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (余田成男)
   ・平 朝彦 (海洋研究開発機構)
        「プレートテクトニクス、日本列島、そして「ちきゅう」」
   ・Tim Palmer (オックスフォード大)
        「決定論から確率論へ:気象および気候の予報における
         アンサンブル予報技術の開発」
   ・小山勝二 (京大名誉教授)
        「京都千年の超新星のX線研究」
   ・Jocelyn Bell Burnell (オックスフォード大)
        「宇宙の花火 – 宇宙の突発事象を発見する」
   ・総括コメント

■ クロージング・セッション (3分野合同対話セッション)     17:10~17:50
   【司会】時任宣博(京都大学)
   【登壇予定者】山極壽一 (京都大学総長)
       各分野の招へい講師および企画担当委員
   「シンポジウムの総括と将来展望 -統一テーマの視点から-」

      (注:プログラムは予告なく変更されることがあります。)

7月
5
2017
第54回アイソトープ・放射線研究発表会 @ 東京大学弥生講堂
7月 5 – 7月 7 全日
7月
8
2017
第4回メソ気象セミナー開催 @ 北海道函館市亀田福祉センター (北海道函館市三原 1-26-12)
7月 8 – 7月 9 全日

「第4回メソ気象セミナー」を78日(土)~7月9日(日)にかけて北海道函館市にて開催します。

ホームページ

https://sites.google.com/site/mesometseminar2017/

興味を持たれた方は奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。

 

7月
22
2017
第45回気象サイエンスカフェ東京 (2017/07/22) @ 東京理科大学理窓会 第2会議室
7月 22 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「第45回気象サイエンスカフェ東京」が2017年7月22日に開催されます。詳細は気象サイエンスカフェのWWWページをご覧ください。

8月
1
2017
大槌シンポジウム @ 岩手県上閉伊郡大槌町城山・中央公民館
8月 1 – 8月 3 全日

東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター(岩手県上閉伊郡大槌町赤浜)では、例年、通称「大槌シンポジウム」と呼ばれる共同利用研究集会が開催されております。2011年3月に津波で被災しながらも、「大槌シンポジウム」は場所を大槌町城山・中央公民館に移して開催されてきました。今年度も、次の日程で開催いたします。

  8月1日 (火) 10時 ~ 2日 (水) 11時
    大気パート「災害をもたらす気象とその背景」
    コンビーナ:三重大学生物資源学研究科 西井和晃
          東京大学大気海洋研究所 田中潔

  8月2日 (水) 13時 ~ 8月3日 (木) 16時
    海洋パート「北太平洋を中心とした海洋表層変動研究の現状と将来」
    コンビーナ:東北大学学際科学フロンティア研究所 杉本周作
          東京大学大気海洋研究所 田中潔

  場所:岩手県上閉伊郡大槌町城山・中央公民館
  主催:東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター
  共催:大槌

大気パートの概要:
(概要は事務的な都合によるもので,気象学会で扱われる内容でしたら講演内容はなんでも構いません.)
平成28年度の大槌シンポジウムは本来8月30日~9月1日に開催予定であったが,台風10号による災害のため延期を余儀なくされた.また平成27年度シンポジウムの開催中には平成27年9月関東・東北豪雨が発生した.これらの災害は台風の直接・間接的な影響により引き起こされたものだが,日本では台風以外にも多種多様な気象災害が毎年のように季節を問わず発生している.気象災害に短期的及び長期的な視点から対応するためには,災害をもたらす気象そのものの理解はもちろんのこと,そのような気象が発生する背景場としての気候場とその変動・変化に関する理解も重要である.
本研究集会は,大学、官公庁、独立行政法人等に所属する研究者等が一同に参加し、災害をもたらす気象とその背景に関する最新の知見を参加者で共有し,今後の展望について議論することを目的とする.論文としてまとめられるような完成した研究成果はもちろんのこと,発展途上の研究の紹介も歓迎する.

海洋パートの概要:
近年になり、人工衛星やアルゴフロートのような自動観測プラットフォームが登場し、海洋大循環モデルの高解像度化および海洋データ同化システムの高精度化が果たされ、海洋表層の循環や水塊の様々な時間的(数日~数十年程度)・空間的(数km~数百km程度)なスケールの実態把握およびその変動メカニズムの理解が進み、さらには異なるスケール間で起こる相互作用についての研究が始まりつつある。なかでも、東北三陸沖では、多くの観測が実施されており、物理循環が化学・生物過程におよぼす影響や霧や雲の発生に果たす海水温の役割など、多様な学問の視点から研究が展開されている。そこで、本研究集会では、北太平洋を中心に、物理学・水産学・生物学・化学などの観点で行われている海洋表層研究の現状を共有し、異分野交流を果たすことで分野間横断型研究の可能性を探る。
# 海洋学会で扱われる内容でしたら、いずれの研究テーマも歓迎します。

提供宿泊先:
 男性:浪板交流促進センター
 女性:浪板交流促進センター or タカマス民宿
 (最長で7/31(月)チェックイン~8/4(金)チェックアウトが可能)
*どちらの宿泊施設も男女別の複数人部屋です。

注1:個人で宿泊される方:
大槌町内、釜石市内には利用可能なホテルや民宿が増えておりますが、混み合いますのでお早めにご検討ください。
大槌町宿泊施設のご案内について」もご参照ください:
http://www.town.otsuchi.iwate.jp/docs/2014030500018/

注2:旅費援助:
限られた予算内ですが招待者および学生を優先に旅費の援助が可能です。援助をご希望の方はコンビーナにご相談ください。

参加していただける方は、下記参加登録フォームに記入して、
主に大気パートに参加する方は西井(nishii@bio.mie-u.ac.jp)まで
主に海洋パートに参加する方は杉本()まで,ご連絡ください。

現時点のご予定で結構です。締切は5月29日(月)とさせていただきます。

(参加登録フォーム)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
名前      :
ふりがな    :
性別      :
所属先     :(無所属の方は「個人」と記載)
 職位     :(学生の方は「学生」と記載)
住所      :(所属先を記載の場合は、「所属先」と付記して下さい)
電話番号    :(所属先を記載の場合は、「所属先」と付記して下さい)
Eメール    :
大気パート懇親会:参加 / 不参加  (8/1)
海洋パート懇親会:参加 / 不参加  (8/2)
宿泊所斡旋   :希望 / 不要
 斡旋希望日  :7/31, 8/1, 8/2, 8/3 (希望日を指定してください)
昼食弁当    :希望 / 不要
 希望日    :8/1, 8/2, 8/3 (希望日を指定してください。1食800円前後)
講演発表(口頭):希望 / 不要
 講演タイトル(和文):
 講演タイトル(英文):
旅費援助    :希望 / 不要
 指導教員名  :(希望者が学生の場合、指導教員と相談の上で記載して下さい)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

過去の研究集会などにつきましては
http://www.icrc.aori.u-tokyo.ac.jp/member/ktanaka/contents_j/sympo/index.html
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/coop/engan_2.html
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/coop/engan_1.html
をご参照下さい。

8月
27
2017
The 2017 Joint IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly @ the Cape Town International Convention Centre (CTICC)
8月 27 – 9月 1 全日
The 2017 Joint IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly @ the Cape Town International Convention Centre (CTICC)

Dear IAMAS and IAPSO colleagues,

We are pleased to send you our very best regards and wish you a Happy New Year. We take this opportunity to ask your help enlisting the communities to participate in the Good Hope IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly in Cape Town from 27 August to 1 September (http://www.iapso-iamas-iaga2017.com/). Please pass along the following key dates and encourage your colleagues to submit abstracts:

12 March 2017: Deadline for submission and grant application (one month extended)
5 May 2017: Early bird registration deadline
22 August 2017: Online registration closes

John Turner, President IAMAS
SG office: Terry Nakajima,Yoshi Sasaki  Nozomi Tomizawa

9月
8
2017
気象夏の学校 2017(第29回 日本気象学会夏季特別セミナー) @ 奥琵琶湖マキノパークホテル&セミナーハウス
9月 8 – 9月 10 全日

日本気象学会夏季特別セミナーは、気象に関する研究をしている全国の大学生・大学院生・若手研究者が集まり、活発な意見交換や交流をするセミナーです。
第29回目となる今回は、京都大学が主幹校を務め、滋賀県の奥琵琶湖マキノパークホテル&セミナーハウスにて開催いたします。
内容は、招待講演、一般講演、ならびに懇親会を予定しています。
今回の一般講演は、参加者のみなさま全員に発表していただく予定です。
詳細については、公式HPをご確認下さい。
参加申し込みは、同じく公式HPにて7月14日より開始しております。
多くの方のご参加をお待ちしております。

———————————————

日時:9月8日(金)~9月10日(日)
会場:奥琵琶湖マキノパークホテル&セミナーハウス
   〒520-1813 滋賀県高島市マキノ町高木浜2-1-5
*気象学会春季大会で掲示、各大学に送付したポスターや、学会誌「天気」でお知らせした会場住所に誤りがあります。

招待講演講師
・酒井敏先生(京都大学)
・重尚一先生(京都大学)
・廣瀬駿先生(南気象予報士事務所)
*講演内容や講演日程については、後日公式HPでお伝えいたします。

定員:150名程度
*一般講演の時間の都合上、予告なく締め切ることがあります。
参加費:学生17,000円、社会人20,000円
申込締切:7月21日(金)

公式HP:https://sites.google.com/site/meteorologynatugaku2017/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/MetSs_2017kyoto/

 

9月
11
2017
Seventh International WMO Symposium on Data Assimilation @ Costao do Santinho
9月 11 – 9月 15 全日
9月
28
2017
平成29年度 一般研究集会「台風研究会」 @ 京都大学防災研究所
9月 28 – 9月 29 全日
10月
3
2017
Mathematics of the Weather 2017 @ La salle “Ancre des Mots”
10月 3 – 10月 6 全日

Following the success of the 2015 meeting, we are delighted to announce that the second Mathematics of the Weather workshop will take place from 3-6 October 2017 at La Salle “Ancre des Mots”, Erquy, France.

Mathematics of the Weather is a forum for the discussion of new numerical approaches for use in numerical forecasting, climate modelling and research into numerical modelling of the atmosphere.

Abstract submissions for presentations and posters are now being accepted and the deadline for submissions is Friday 30 June 2017.

10月
30
2017
日本気象学会2017年度秋季大会 @ 北海道大学
10月 30 – 11月 2 全日
11月
7
2017
山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウム(ACPM2017) @ 御殿場高原リゾート・時之栖(ときのすみか)
11月 7 – 11月 10 全日

山岳を利用したガス状・粒子状物質のモニタリング、山岳での気象や雲物理、雲・降水の化学など、山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウムを、下記の日程で開催します。

開催期間:201711710

開催場所:御殿場高原リゾート・時之栖(ときのすみか)

住所:静岡県御殿場市神山719番地

アクセス:JR御殿場駅からシャトルバスあり

参加費:一般、731日まで4万円(81日以後5万円);学生、731日まで2万円(81日以後25千円)

発表申し込み(要旨提出)締めきり:2017428

連絡先:NPO法人 富士山測候所を活用する会 事務局

 http://acpm2017.jp/index.html

 メールアドレス:npofuji3776@yahoo.co.jp