行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

10月
26
2018
台風セミナー2018 @ JAMSTEC東京事務所 共用会議室AB
10月 26 – 10月 27 全日

今年も10月26日(金)~27日(土)にJAMSTEC東京事務所において台風セミナー2018を開催することになりました。

今年の招待講演者はNRLの熱帯低気圧ウェブサイト(https://www.nrlmry.navy.mil/tc_pages/tc_home.html)の作成者としても有名な、Dr. Jeffrey D. Hawkinsです。
熱帯低気圧のリモートセンシングの基本概念から熱帯低気圧の強度推定やその精度について、「衛星で見る熱帯低気圧」について幅広く講義していただきます。ふるってご参加ください。

例年通り一般講演(口頭発表)も受け付けます。参加は無料ですが、申し込みが必要です。

詳しくはwebページ
https://sites.google.com/view/typhoonseminar2018/
をご覧ください。

10月
29
2018
日本気象学会2018年度秋季大会 @ 仙台国際センター
10月 29 – 11月 1 全日
日本気象学会2018年度秋季大会 @ 仙台国際センター | 仙台市 | 宮城県 | 日本

日本気象学会2018年度秋季大会が 2018年10月29~11月1日に仙台国際センターで開催されます。

(※ 現時点での予定です)

日本気象学会秋季大会ページはこちら。

First Distinguished Ogura Lecture in 2018 @ Sendai International Center
10月 29 @ 10:00 AM – 11:30 AM

The first Distinguished Ogura Lecture in will be held on the first day of the The MSJ 2018 Autumn Meeting in Sendai International Center.

(Flyer (in Japanese))

Lecturer

Prof. Robert Fovell

Professor Robert Fovell is a professor at the Department of Atmospheric and Environmental Sciences, University at Albany, SUNY, and also a professor emeritus at the Department of Atmospheric and Oceanic Sciences, UCLA. He received his Ph.D. degree in 1988 from the University of Illinois at Urbana-Champaign, where he studied under Prof. Yoshi Ogura. He served on the faculty at the University of California, Los Angeles, between 1991 and 2015, prior to joining the faculty at the University at Albany.

Professor Fovell conducts research in mesoscale and convective scale meteorology, primarily using high-resolution numerical models. He has written many papers on squall lines, tropical cyclones, sea breezes, boundary layer rolls, gravity waves, and climate classification, among other subjects. He has taught a variety of subjects, including mesoscale modeling and dynamics, atmospheric thermodynamics, synoptic meteorology, fluid dynamics, and atmospheric data analysis. His research work has been supported by agencies such as the NSF, NASA, NOAA, and the California Air Resources Board, and also private sector companies.

Professor Fovell has served as chair of the Faculty of the UCLA College of Letters and Science (2007-09), as chair of the American Meteorological Society (AMS) Committee on Mesoscale Processes (2009-11), and as co-chair of the AMS Michio Yanai Symposium (2011). In 2005, he received the UCLA Distinguished Teaching Award (the Eby Award for the Art of Teaching) and is the 2012 recipient of the AMS Teaching Excellence award. His video course Meteorology: An Introduction to the Wonders of the Weather was published by ‘The Great Courses’ in 2010.

 

日本気象学会第一回小倉特別講義 @ 仙台国際センター 大会議室 橘
10月 29 @ 10:00 AM – 11:30 AM

第一回小倉特別講義が日本気象学会2018年秋季大会の初日午前 10 時から行われます。講義は英語で行われます。同日午後に、関連するセッション「メソ気象研究の現状と今後の課題」も開催されますので、併せてご参加ください。

(フライヤー)

講師紹介

Prof. Robert Fovell

Professor Robert Fovell is a professor at the Department of Atmospheric and Environmental Sciences, University at Albany, SUNY, and also a professor emeritus at the Department of Atmospheric and Oceanic Sciences, UCLA. He received his Ph.D. degree in 1988 from the University of Illinois at Urbana-Champaign, where he studied under Prof. Yoshi Ogura. He served on the faculty at the University of California, Los Angeles, between 1991 and 2015, prior to joining the faculty at the University at Albany.

Professor Fovell conducts research in mesoscale and convective scale meteorology, primarily using high-resolution numerical models. He has written many papers on squall lines, tropical cyclones, sea breezes, boundary layer rolls, gravity waves, and climate classification, among other subjects. He has taught a variety of subjects, including mesoscale modeling and dynamics, atmospheric thermodynamics, synoptic meteorology, fluid dynamics, and atmospheric data analysis. His research work has been supported by agencies such as the NSF, NASA, NOAA, and the California Air Resources Board, and also private sector companies.

Professor Fovell has served as chair of the Faculty of the UCLA College of Letters and Science (2007-09), as chair of the American Meteorological Society (AMS) Committee on Mesoscale Processes (2009-11), and as co-chair of the AMS Michio Yanai Symposium (2011). In 2005, he received the UCLA Distinguished Teaching Award (the Eby Award for the Art of Teaching) and is the 2012 recipient of the AMS Teaching Excellence award. His video course Meteorology: An Introduction to the Wonders of the Weather was published by ‘The Great Courses’ in 2010.

 

11月
10
2018
平成30年度気象研究所研究成果発表会の開催について @ 一橋大学一橋講堂
11月 10 @ 1:30 PM – 4:30 PM

気象研究所では「研究成果の社会への還元」の観点から、広く国民の皆様方に当所の研究開発をご理解いただくため、下記のとおり研究成果発表会を開催します。

どなたでもご参加いただけますので、皆様のご来場をお待ちいたしております。


平成30年度気象研究所研究成果発表会

~気象業務を支える研究の最前線~

日時 : 11月10日(土)13時30分から16時30分 (開場:13時)
場所 : 一橋大学一橋講堂 (最寄駅: 東京メトロ神保町駅、竹橋駅)

題目

  • (1) 気象業務を支える研究の最前線
       隈  健一 (気象研究所長)
  • (2)  台風・集中豪雨研究の現状と課題
    • ① 平成30年台風第21号による強風・高潮(速報)
       高野 洋雄 (海洋・地球化学研究部)/
       嶋田 宇大 (台風研究部)      
    • ② 平成30年7月豪雨の局地的な特徴
       清野 直子 (予報研究部)       
    • ③ 地球温暖化で変わりつつある日本の豪雨
       川瀬 宏明 (環境・応用気象研究部)
           
  • (3) 次世代の火山監視
       佐藤 英一  (火山研究部)
  • (4)  日本を取り巻く海の詳細な把握に向けて
       碓氷 典久 (海洋・地球化学研究部)

 司 会 : 鈴江 奈々(日本テレビアナウンサー)

 その他: 入場料無料、事前申込制(先着定員400名)。下記URLより参加登録を行って下さい。

http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H30/301110/Happyoukai2018.html

 ※ 気象研究所研究成果発表会とは、「研究成果の社会への還元」の観点から広く国民の皆様方に当所の研究開発をご理解いただくため、毎年度、開催している発表会です。


11月
14
2018
5th International Workshop on Nonhydrostatic Models @ The Japan Meteorological Agency
11月 14 – 11月 16 全日

The 5th International Workshop on Nonhydrostatic Models is relevant to all aspects of nonhydrostatic models ranging from Large Eddy Simulation models to nonhydrostatic global models, including dynamical frames, physics schemes, data assimilation schemes and regional climate models. The following topics are also welcome: predictability and applications to mesoscale phenomena, such as tropical cyclones, heavy precipitations, and shallow clouds. The future of high-performance computing for the meteorological and climate research is one of our great concerns.

5回非静力学モデルに関する国際ワークショップ (NHM2018) @ 気象庁
11月 14 – 11月 16 全日

The 5th International Workshop on Nonhydrostatic Models is relevant to all aspects of nonhydrostatic models ranging from Large Eddy Simulation models to nonhydrostatic global models, including dynamical frames, physics schemes, data assimilation schemes and regional climate models. The following topics are also welcome: predictability and applications to mesoscale phenomena, such as tropical cyclones, heavy precipitations, and shallow clouds. The future of high-performance computing for the meteorological and climate research is one of our great concerns.

11月
16
2018
非静力学モデルに関するワークショップのオープンセミナー @ 気象庁講堂
11月 16 @ 1:30 PM – 4:35 PM

非静力学モデルワークショップは今年で20周年を迎えます。 この20年の間、非静力学モデルは多くの科学的成果を創出し、また気象庁の現業モデルとして社会に貢献するようになりました。 このオープンセミナーでは、一般の皆様に非静力学に関わる最先端技術と社会貢献に関する話題をお届けします。

 

オープンセミナーのページへのリンク

 

 

11月
21
2018
異常気象研究会2018・第5回観測システム・予測可能性研究連絡会 @ 京都大学宇治キャンパス
11月 21 – 11月 22 全日

本研究集会は,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にしています。そのため,広く異常気象や長期変動のメカニズム,データ同化やモデルに関する発表も歓迎します。多数のご参加をお待ちしております。

本研究集会は,第14回「異常気象と長期変動」(異常気象研究会)で,第5回観測システム・予測可能性研究連絡会との共催です。

講演者には,後日4ページほどの講演要旨の提出をお願いします。

目的: 季節予測は,防災・減災のためのみならず,産業や社会経済に対して大きなメリットがある。季節予測の基盤となる大気海洋結合モデルやデータ同化は急速に進展している。一方,エルニーニョ等大気海洋結合現象がもたらす年々変動や,大雨,豪雪,旱魃,冷夏,熱波などの様々な異常気象のメカニズムや予測可能性,異常気象と地球温暖化との関係には依然として課題が残されている。本研究集会では,季節予測システムや異常気象に関する最新の研究成果について討論する。

主催: 小林ちあき(気象庁気象研究所 主任研究官)
共催: 向川 均(京都大学大学院 教授),余田成男(京都大学大学院 教授),
木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授),榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授)

日時: 2018年11月21日(水)午後〜22日(火)(懇親会: 11/21 セッション終了後)
場所: 京都大学 宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F大セミナー室(301号室)

講演・参加申込

締切 2018年9月30日

https://www.dpac.dpri.kyoto-u.ac.jp/anomaly/workshop2018

12月
4
2018
第9回極域科学シンポジウム @ 国立極地研究所
12月 4 – 12月 7 全日
1月
21
2019
第7回国際データ同化シンポジウム @ 理化学研究所計算科学研究センター
1月 21 – 1月 24 全日
「第7回国際データ同化シンポジウム」のアブストラクト受付を開始しましたのでご案内させて頂きます。
http://www.data-assimilation.riken.jp/isda2019/

申込締切は10月14日となります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Important Dates (Tentative):
* Abstract submission deadline: October 14, 2018
* Speakers confirmed and program made available:  November 2018
* Registration deadline: December 16, 2018
* Symposium: January 21 ? 24, 2019

Scientific Organizing Committee:

Chair: Takemasa Miyoshi (RIKEN / University of Maryland / JAMSTEC / Kyoto University)
Henry Abarbanel (University of California, San Diego)
Serge Guillas (University College London)
Ibrahim Hoteit (KAUST)
Nancy Nichols (University of Reading)
Roland Potthast (Deutscher Wetterdienst / University of Reading)
Sebastian Reich (University of Potsdam / University of Reading)
Hiromu Seko (JMA,MRI / JAMSTEC)
Peter Jan Van Leeuwen (Colorado State University)
Martin Weissmann (Ludwig-Maximilians-Universit?t M?nchen)
Shu-Chih Yang (Taiwan National Central University)

主催:理化学研究所計算科学研究センター
共催:理化学研究所数理創造プログラム

場所:理化学研究所計算科学研究センター