行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

5月
9
2017
Venus Modeling Workshop @ Ohio Aerospace Institute
5月 9 – 5月 11 全日
5月
19
2017
フェーズドアレイレーダー  第2回シンポジウム -現在の利活用状況から将来展望まで- @ 気象研究所 講堂
5月 19 @ 10:00 AM – 4:00 PM

気象研究所では、公開シンポジウム「フェーズドアレイレーダー  第2回シンポジウム -現在の利活用状況から将来展望まで-」を開催いたします。ご興味のある方はぜひご参加ください。

プログラムは以下のPDFをご覧ください。

http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H29/290428/PAR_sympo170428.pdf

○シンポジウムの概要 

 近年、急速に発生・発達する積乱雲により短時間でもたらされる竜 巻等の突風・局地的大雨など激しい大気現象による災害が報告されて います。これらの災害の軽減を目指した防災気象情報の高度化は重要 な課題です。極めて高いスキャン性能をもつフェーズドアレイレーダ ーは2012年に登場し、これまで全国で5台が運用され、これらの 現象のメカニズム解明という、気象学の基礎研究の分野でいくつかの 成果が出ており、防災への応用も盛んに研究されるようになりまし た。さらに二重偏波機能を搭載した新しいタイプの開発が進み、観測 実験を始める計画も始まろうとしています。
 このシンポジウムは、フェーズドアレイレーダーに関する最新の観 測成果、さらに開発や運用について情報交換を行うことを目的に企画 され、今回が第二回となります。フェーズドアレイレーダーの研究開 発の現状、今後どのような役割が期待されるのか、気象・工学・メー カー・防災・移動体通信等の専門家が一堂に会するこのシンポジウム で議論したいと思います。 

5月
25
2017
日本気象学会2017年度春季大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
5月 25 – 5月 28 全日
5月
29
2017
第14回大気科学とその大気質への応用国際会議(ASAAQ14)開催のお知らせ @ ストラスブール大学,ストラスブール市,フランス
5月 29 – 5月 31 全日

第14回大気科学とその大気質への応用国際会議(ASAAQ14)

いつ:2017529日(月)~31日(水)

どこで:ストラスブール大学,ストラスブール市,フランス

アブストラクト〆切り:2017131

アブストラクト提出先・問合わせ:Prof. Alain Clappier 

参加登録開始:2017120日頃

詳しくは、上記のWeb siteをご覧ください。

 

7月
1
2017
第4回京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム(KUIP) @ 京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール
7月 1 – 7月 2 全日

第4回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム
        ——————————————————–
The 4th Kyoto University-Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium

□ 開催日     平成29年7月1日(土)~2日(日)
□ 場所       京都大学百周年時計台記念館 1階 百周年記念ホール
   http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
       (建物番号3)
□ 主催       国立大学法人 京都大学
□ 共催       公益財団法人 稲盛財団

□ 統一テーマ 「夢とロマンをはぐくむ芸術および科学・技術」

□ 概要 2014年から始まったこのシンポジウム、第4回となる今年度は
    「映画・演劇」、「材料科学」、「地球科学・宇宙科学」の
    3分野を対象に開催します。
    いままさにそれぞれの分野で活躍中の世界的権威による、専門家のみ
    ならず、学生や一般市民の方をも対象とする公開シンポジウムです。
    異分野のトップランナーが一堂に会するこの上もない知的興奮を是非
    ご体験ください!
    なお、すべての講演は同時通訳(日英)が行われます。
    また、各講師の略歴や講演概要は下記のWebサイトで公開中です。

□ Webサイト  http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/  (「KUIPシンポ」で検索)
□ 参加費      無料 (ただし、事前申し込みが必要です。)
□ お申込み    上記のWebサイトから申し込みいただけます。(定員 500名)
□ お問合せ    KUIP@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
        京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム事務局
       (吉田、細川、川畑、石塚)

—-プログラム始まり—————————————————

【 7月1日(土)13:30~17:30 】

■ オープニング・セレモニー(ご挨拶)               13:30~14:00
   【司会】時任宣博(京都大学)
    京都大学 山極壽一 総長
    稲盛財団 稲盛和夫 理事長

■ 映画・演劇分野 「人は何のために演じるのか 
           -芸術の人間にとっての意味を考える」    14:00~17:30
   【司会】 鈴木晶子(京都大学)、平田オリザ(劇作家・演出家)
   【公演・講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明  (鈴木晶子)
   ・子ども歌舞伎の紹介  (平田オリザ)
   (公演)横仙歌舞伎こども歌舞伎教室 (岡山県奈義町教育委員会)
        「絵本太功記十段目 尼崎の場」
   ・平田オリザ (劇作家・演出家)
        「コミュニケーションの装置としての演劇」
   ・中沢新一 (人類学者)
        「芸術のロゴスとレンマ」
   ・大森一樹 (映画監督・脚本家)
        「人が演じることが、映画からなくなる時」
   (討論)鈴木晶子、平田オリザ、中沢新一、大森一樹

【 7月2日(日)9:30~17:50 】

■ 材料科学分野 「持続的未来のための新しい材料探索」
9:30~12:40
   【司会】 野田 進(京都大学)、田中良典(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (野田 進)
   ・北川 進 (京大)
       「持続的未来のための気体の科学と技術」
   ・Shanhui Fan (スタンフォード大)
       「ナノフォトニクスおよびそのトポロジカルサイエンスとの
        融合:光に対する人工ゲージポテンシャル」
   ・十倉好紀 (理研・東大)
       「絡み合う物質の中の電気と磁気」
   ・大野英男 (東北大)
       「スピントロニクス –III-V族磁性半導体の創成から集積
        回路応用まで-」
   ・総括コメント

■ 地球科学・宇宙科学分野 「地球・宇宙に対する新たな夢とロマン」 14:00~17:10
   【司会】 余田成男(京都大学)、柴田一成(京都大学)
   【講演】
   ・挨拶/企画趣旨の説明 (余田成男)
   ・平 朝彦 (海洋研究開発機構)
        「プレートテクトニクス、日本列島、そして「ちきゅう」」
   ・Tim Palmer (オックスフォード大)
        「決定論から確率論へ:気象および気候の予報における
         アンサンブル予報技術の開発」
   ・小山勝二 (京大名誉教授)
        「京都千年の超新星のX線研究」
   ・Jocelyn Bell Burnell (オックスフォード大)
        「宇宙の花火 – 宇宙の突発事象を発見する」
   ・総括コメント

■ クロージング・セッション (3分野合同対話セッション)     17:10~17:50
   【司会】時任宣博(京都大学)
   【登壇予定者】山極壽一 (京都大学総長)
       各分野の招へい講師および企画担当委員
   「シンポジウムの総括と将来展望 -統一テーマの視点から-」

      (注:プログラムは予告なく変更されることがあります。)

7月
5
2017
第54回アイソトープ・放射線研究発表会 @ 東京大学弥生講堂
7月 5 – 7月 7 全日
7月
8
2017
第4回メソ気象セミナー開催 @ 北海道函館市亀田福祉センター (北海道函館市三原 1-26-12)
7月 8 – 7月 9 全日

「第4回メソ気象セミナー」を78日(土)~7月9日(日)にかけて北海道函館市にて開催します。

ホームページ

https://sites.google.com/site/mesometseminar2017/

興味を持たれた方は奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。

 

8月
27
2017
The 2017 Joint IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly @ the Cape Town International Convention Centre (CTICC)
8月 27 – 9月 1 全日
The 2017 Joint IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly @ the Cape Town International Convention Centre (CTICC)

Dear IAMAS and IAPSO colleagues,

We are pleased to send you our very best regards and wish you a Happy New Year. We take this opportunity to ask your help enlisting the communities to participate in the Good Hope IAPSO-IAMAS-IAGA Assembly in Cape Town from 27 August to 1 September (http://www.iapso-iamas-iaga2017.com/). Please pass along the following key dates and encourage your colleagues to submit abstracts:

12 March 2017: Deadline for submission and grant application (one month extended)
5 May 2017: Early bird registration deadline
22 August 2017: Online registration closes

John Turner, President IAMAS
SG office: Terry Nakajima,Yoshi Sasaki  Nozomi Tomizawa

9月
11
2017
Seventh International WMO Symposium on Data Assimilation @ Costao do Santinho
9月 11 – 9月 15 全日
9月
28
2017
平成29年度 一般研究集会「台風研究会」 @ 京都大学防災研究所
9月 28 – 9月 29 全日
10月
3
2017
Mathematics of the Weather 2017 @ La salle “Ancre des Mots”
10月 3 – 10月 6 全日

Following the success of the 2015 meeting, we are delighted to announce that the second Mathematics of the Weather workshop will take place from 3-6 October 2017 at La Salle “Ancre des Mots”, Erquy, France.

Mathematics of the Weather is a forum for the discussion of new numerical approaches for use in numerical forecasting, climate modelling and research into numerical modelling of the atmosphere.

Abstract submissions for presentations and posters are now being accepted and the deadline for submissions is Friday 30 June 2017.

10月
30
2017
日本気象学会2017年度秋季大会 @ 北海道大学
10月 30 – 11月 2 全日