行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

2月
18
2018
The 33rd International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans, 2018
2月 18 – 2月 21 全日

 

Schedule
   ◆ 18 February 2018 — Opening Ceremony at Mombetsu Citizens’ Hall
   ◆ 19-21 February 2018 — Scientific Session at Mombetsu Culture Center
   ◆ 22-23 February 2018 — Excursion (somewhere)

第33回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」 @ 紋別市文化会館、紋別市博物館
2月 18 – 2月 21 全日

第33回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」を2018年2月18日(日)から21日(水),北海道紋別市で開催します.
最新の海氷研究から北極航路,地球温暖化,環境問題,オホーツク地域の諸問題まで様々な話題が発表されます.流氷の街,紋別へ是非お出で下さい.

開会式

2月18日(日) 会場:紋別市民会館

学術研究発表会・ワークショップ・ポスターセッション

2018年2月19日(月)〜21日(水)

会 場:紋別市文化会館、紋別市博物館

参加費:事前申込み 4,000円(一般),1,000円(学生),当日申込み 5,000円(一般, 学生

要旨集:4,000円   

※事前申込みの締め切り日は、1月中旬を予定しています。 

《テーマ》

(1) オホーツク海の環境

(2) 極域の海洋・気象

(3) 氷海の生物・水産

(4) 寒冷域工学

(5) 北極航路

(6) 地球温暖化と環境変動

(7) 海洋リモートセンシング

(8) ワークショップ 北極域の科学と氷海航行への応用

(9) 雪氷と暮し

(10) その他(開催希望がございましたらお知らせ下さい)

研究発表・ポスターセッション・ワークショップの申込み締め切り

  ・ワークショップ企画・提案の申込み     2017年11月4日(土)
  ・研究発表申込み(発表内容200字)締め切り 2017年12月4日(月)
  ・要旨集原稿(英文4頁以内)締め切り     2018年1月12日(金)

※言語:研究発表は原則英語,ワークショップは日本語可,公開講座等は日本語.

ポスター発表の会場は、文化会館、3階ロビーを予定してます。
A0サイズ縦(横90cm×縦120cm)が貼り付け可能なパネルを用意します。

※申込用紙をダウンロード後、必要事項を記入して、事務局宛へ送信してください

3月
4
2018
第8回 気象サイエンスカフェ東北 @ 仙台第3合同庁舎 2階大会議室(仙台管区気象台)
3月 4 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「第8回気象サイエンスカフェ東北」が2018年3月4日(日)に開催されます。詳細は気象サイエンスカフェのWWWページをご覧ください。

サイエンスカフェパンフ

3月
5
2018
地球流体研究集会「地球流体における渦の形成・構造・作用の力学」 @ 東京大学大気海洋研究所講堂(東大柏キャンパス)
3月 5 – 3月 6 全日

本集会は九大応力研と東大大気海洋研で1年おきに開催してきましたが、今年度は変則的に、2年続けて東大大気海洋研で開催します。

東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「地球流体における渦の形成・構造・作用の力学」

  • 場所:東京大学大気海洋研究所講堂(東大柏キャンパス)
  • 日程:2018年 3月5日(月)・6日(火)
  • 代表者: 和方 吉信(九州大学応用力学研究所)
  • 所内世話人: 伊賀 啓太

今年のテーマは「地球流体における渦の形成・構造・作用の力学」となっていますが、例年通り、地球流体に関する話題であれば何でも歓迎です。また今回は、これまでこの地球流体力学研究集会にご尽力いただき今年度で定年となられる新野宏先生に特別講演をお願いしています。

3月
6
2018
第9回 熱帯気象研究会 @ 福岡大学理学部18号館1824室
3月 6 – 3月 7 全日

熱帯気象研究会を下記の要領で開催 します.

日時:2018年3月6日(火)〜7日(水)
場所:福岡大学理学部18号館1824室
(https://www.fukuoka-u.ac.jp/help/map/)

要旨:2016年度の京都での開催に引き続き,熱帯気象の理解を深めることを目的に,第9回熱帯気象研究会を開催いたします.最新の研究成果をじっくりと発表・議論しながら,プロジェクトの枠を超えた熱帯気象研究のさらなる活性化を図ります.研究会をひとつの足がかりとして研究の芽が育つことを強く期待します.関係各分野からの講演を広く募集します.

講演申込要領
応募締切:2018年2月13日(火)

研究会情報ウェブページ( http://www.se.fukuoka-u.ac.jp/nishi/tropical_meeting_2018.html)に掲載している「講演申し込み」の欄に記載のフォームにしたがってメールで申し込んでください.のちにAbstract(200語程度)をお願いする予定です。

問い合わせ先
西 憲敬(福岡大学理学部)
主催:熱帯気象研究連絡会

第5回 気象サイエンスカフェつくば @ BiViつくば 2階交流サロン
3月 6 @ 6:30 PM – 8:30 PM

「第5回気象サイエンスカフェつくば」が2018年3月6日に開催されます。テーマは「気候変動と大気・海洋振動が世界の穀物生産に及ぼす影響の予測に挑む、ゲストスピーカーは飯泉仁之直さんさん(農研機構 農業環境変動研究センター気候変動対応研究領域 主任研究員です。詳細は気象サイエンスカフェのWWWページをご覧ください。

事前申込みは不要です。

教育と普及委員会:サイエンスカフェのページ

3月
8
2018
統合的気候モデル高度化研究プログラム 公開シンポジウム「温暖化対策を気候モデルでどう理解するか」開催のご案内 @ 一橋大学一橋講堂
3月 8 @ 1:00 PM – 4:40 PM

この度、文部科学省委託事業「統合的気候モデル高度化研究プログラム」の平成29年度公開シンポジウムを下記のとおり開催しますのでご案内申し上げます。

開催概要

 統合的気候モデル高度化研究プログラム 平成29年度公開シンポジウム

「温暖化対策を気候モデルでどう理解するか」

日 時201838()13:0016:4012:30開場)

場 所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F

主 催:文部科学省

入場料:無料(自由席)

お申込み・イベント詳細

http://www.jamstec.go.jp/tougou/event/sympo/2017/index.html

開催要旨

 国内外において温暖化対策の必要性が高まる中、将来を見通し、実効的な対策を進めるためには、最先端の科学技術を駆使した気候変動予測の研究が極めて重要です。

そこで、文部科学省では、「統合的気候モデル高度化研究プログラム」を通じて、気候変動予測の研究を一層推進し、その成果を社会実装するため、気候変動メカニズムの解明や気候変動予測モデルの高度化等に取り組んでいます。

 本シンポジウムでは、気候変動対策の一つである緩和策を考える上で気候モデルに期待される役割について、様々な視点からご説明します。

 

プログラム等の詳細はウェブサイトをご参照ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

≪シンポジウムに関するお問い合わせ≫

()勁草書房

統合プログラム公開シンポジウム事務局

tougou-symposium@keiso-comm.com

 

≪プログラムに関するお問い合わせ≫

国立研究開発法人 海洋研究開発機構

統合的気候モデル高度化研究プログラム事務局

tougou-info@jamstec.go.jp

 

3月
10
2018
第4回気象気候若手研究者交流会(YMO4) @ KKR逗子松汀園
3月 10 – 3月 11 全日

下記のように、若手研究者の交流イベントを計画しています。
専門分野を問わず、幅広い参加者の皆様にお集まり頂ければ幸いです。

日時: 2018年3月10日(土)~11日(日)

場所 KKR逗子松汀園(神奈川県逗子市)

対象 気象・気候学および隣接分野の若手(博士後期課程1年以上)研究者・教育者・技術者

開催趣旨
 気象・気候学およびその隣接分野の若手研究・教育・技術者は、日本全国・海外で幅広く活動しています。学会の地方支部会や、特定のテーマを掲げた若手研究セミナーが活発に開催される一方で、専門分野の垣根を越えた若手同士の交流の機会は限られています。気象気候若手研究者交流会(Young Meteorologist Overnight session;YMO)は、気象学および関連した幅広い分野で研究・教育・開発に取り組む若手が、自己紹介やグループワークなどを通して、それぞれのバックグラウンドを共有し、新たなコラボレーションを模索することを目指して、これまでに三回に渡り開催されました。このYMOの活動は、メソ気象セミナーの開催など、その後の若手による有機的な活動を推し進めることに繋がっています。
 今回のYMO4は、前回(2013年開催)から時間が空いたことを踏まえ、博士の学生を含む新規若手メンバーの幅広い交流を目指して開催します。本交流会が、若手の視野・活動の幅が広がることに少しでも活かされれば幸いです。

参加費1万円~1万5千円程度(1泊2食付き)
 ※学生や遠方からの参加の場合、参加費を割引します
 ※宿泊なしの参加も可

参加申し込み期間1月26日(金)~2月15日(木)

詳細は、下記ホームページをご覧下さい。
https://sites.google.com/site/ymo201803/

幹事一同、皆様のご参加をお待ちしております。

幹事
釜江陽一(筑波大学)
栃本英伍(東京大学 大気海洋研究所)
西川はつみ(北海道大学 低温研究所)
木下武也(海洋研究開発機構)
宇野史睦 (産業技術総合研究所)
山崎哲(海洋研究開発機構)
川瀬宏明(気象研究所)

3月
23
2018
台風セミナー2017 @ 名古屋大学宇宙地球環境研究所
3月 23 – 3月 24 全日

2018年3月23日(金)~24日(土)に、名古屋大学宇宙地球環境研究所(23日は共同館I 3階大講義室、24日は研究所共同館II 3階RB2-3ホール)にて台風セミナーを行う事になりました。

今回は米国海軍研究所(Naval Research Laboratory)のDr. Daniel Philip Sternさんを講演者として招待し、台風の内部コアダイナミクスを中心に講演していただく予定です。

招待講演の他、台風の初学者向けのチュートリアルを予定しており、一般講演(口頭発表)も募集いたします。また、3/23の夜に懇親会を予定しております。ぜひともふるってご参加ください。

招待講演者
Dr. Daniel Philip Stern
(United States Naval Research Laboratory)

招待講演内容
 Part 1. The Structure and Dynamics of the Tropical Cyclone Eyewall
 Part 2. The Tropical Cyclone Warm Core
 Part 3. Understanding Extreme Updrafts and Wind Gusts Using Dropsonde
    Observations and Large-Eddy Simulations

共催:名古屋大学宇宙地球環境研究所・日本気象学会台風研究連絡会

聴講のみの場合、事前の申込は不要ですが、一般講演もしくは懇親会への参加を希望されるかたは、2/23(金)までに下記の台風セミナー2017のHPにある参加申込のページから申し込みを完了してください。

http://sites.google.com/site/typhoonseminar2017

また、過去の台風セミナーの講演資料・動画は下記にございます。

http://www.itonwp.sci.u-ryukyu.ac.jp/Typhoon_Research_Group/

5月
16
2018
日本気象学会2018年度春季大会 (2018/05/16 – 19) @ つくば国際会議場
5月 16 – 5月 19 全日
日本気象学会2018年度春季大会 (2018/05/16 - 19) @ つくば国際会議場 | つくば市 | 茨城県 | 日本

日本気象学会2018年度春季大会が 2018年5月16~18日につくば国際会議場で開催されます。

特設ページはこちらです。

 

5月
20
2018
日本地球惑星科学連合2018年大会 @ 千葉県 幕張メッセ 国際会議場,国際展示場 Hall 7 / 東京ベイ幕張ホール
5月 20 – 5月 24 全日
6月
3
2018
AOGS 15th Annual Meeting (2018/06/03 – 08) @ Hawaii Convention Centre
6月 3 – 6月 8 全日

http://www.asiaoceania.org/aogs2018/

Submission Opens: 10 Nov 2017
Submission Closes: 19 Jan 2018
Acceptance Notification: 09 Feb 2018
Author Registration Deadline: 20 Apr 2018