行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

9月
11
2018
国際金星会議2018 @ ヒルトンニセコビレッジ
9月 11 – 9月 14 全日
国際金星会議2018 @ ヒルトンニセコビレッジ | ニセコ町 | 北海道 | 日本

国際金星会議2018 参加登録・発表要旨登録開始のご案内

International Venus Conference 2018

The 74th Fujihara Seminar: “Akatsuki Novel Development of Venus Science”

9月11日~9月14日@ヒルトンニセコビレッジ

https://www.cps-jp.org/~akatsuki/venus2018/

本会議は、金星の固体から磁気圏に至るまで、その構造や進化などあらゆる観 点から議論し横断的に認識を共有することを目的としています。「あかつき」 がもたらした新しい知見をはじめとして、探査・実験・観測・数値モデリング といった様々な手法で得られた金星に関する研究成果が、世界中から持ち寄ら れることが期待されます。

このたびのWEB登録がオープンしましたので、是非本会議への参加を検討頂き、 発表要旨の投稿と参加登録をお願いできればと存じます。登録エントリは

https://www.cps-jp.org/~akatsuki/venus2018/registration.html

です。

なお、本会議の前日、9月10日(月)には「あかつき」のサイエンス会議が北海道 大学にて実施される予定ですので、そちらにも奮ってご参加ください(情報は別途)。

(1) 発表要旨投稿締切

原則 4/6(金) となっております。これを過ぎますと、時間空間の許す範囲での受付となります。

(2) 参加費

全日参加:4/6(金)までの参加申し込みで 5000円, 4/6(金)以降は 28000円
部分参加:28000円

なるべくお早めに、発表要旨投稿と全日参加登録をされることをお薦めします。

(3) 参加登録・発表要旨投稿について

登録エントリ

https://www.cps-jp.org/~akatsuki/venus2018/registration.html

  • 参加登録・発表要旨投稿のためには、所属等の個人情報登録のためにCPSサーバのアカウントが必要となります。アカウントを持っていない方は、上記ページにあるバナー “CPS Account Registration” よりアカウントを作成し CPS user number を所得してください。
  • 参加登録: CPS アカウント作成後、上記ページのバナー”Registration” より行ってください。
  • 発表要旨投稿: CPS アカウント作成後、上記ページのバナー”Abstract Submission” より投稿して下さい。(手順については同ページのSubmission Instructions and Screen Shots もご参照ください。)

(詳しくは https://www.cps-jp.org/~akatsuki/venus2018/guide.html にて)

(4) 主要日程

4/6(金) 通常要旨投稿・早期参加登録締切
(これ以降の参加登録費は28000円)
6/11(月) 発表要旨投稿締切, ホテルグループ宿泊予約締切
8/10(火) 参加登録締切
9/10(月) あかつきSWT & Splinter meeting @ 北海道大学
9/11(火)~14(金) 国際金星会議2018 @ ヒルトンニセコビレッジ

(詳しくは https://www.cps-jp.org/~akatsuki/venus2018/date.html にて)

主催: International Venus Science Community
共催: PLANET-C Project Team / Japan Aerospace Exploration Agency
共催: Center for Planetary Science
協賛: JpGU
後援: 藤原科学財団

9月
27
2018
平成30年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」 @ 京都大学宇治キャンパス
9月 27 – 9月 28 全日

平成30年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」のお知らせ

台風による災害は広域的かつ複合的に発生します。例えば、2017年の台風3号通過後に九州北部豪雨が発生しました。また、台風5号の外縁部のレインバンドにより竜巻が発生しました。また、超大型の台風21号により太平洋岸の広域にわたり高潮が発生しました。本研究集会では、異分野の研究者が一同に集い、それぞれの視点からの研究成果を交わすことで、大規模化する台風災害の発生メカニズムを解明しその減災対策を提案することを目的とします。

 

本研究集会では、「台風」を共通のキーワードとして、気象学、海洋学、風工学、土木工学、情報学、生態学といった様々な分野の研究者、予報実務者、土木技術者、施策担当者、報道関係者などが産・官・学の垣根を越えて交流し、過去・現在・未来の顕著台風に伴う災害について分野横断的に多角的に議論します。特に、次世代の台風災害研究を担う大学院生の皆さんの積極的なご参加ご発表を期待しています。興味と関心のある方は是非ご参加下さい。

 

詳細は次のホームページをご覧ください。

 

http://www1.gifu-u.ac.jp/~amet/typhoon2018/201809_DPRI-Typhoon.html

 

12月
4
2018
第9回極域科学シンポジウム @ 国立極地研究所
12月 4 – 12月 7 全日