第13回天気予報研究会 (2016/02/19)

いつ:
2016-02-19 @ 1:30 PM – 5:00 PM
2016-02-19T13:30:00+09:00
2016-02-19T17:00:00+09:00
どこで:
気象庁5階大会議室
日本
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目3−4
連絡先:
天気予報研究連絡会

第13回天気予報研究会を下記要領で開催します。入場は無料です。

日時:2016年2月19日(金) 13時30分~17時00分場所:気象庁大会議室(気象庁5階)

 (詳細はこちらをご覧ください。)

発表題目(発表順)

講演

  1. 静止気象衛星ひまわり8号による観測とプロダクトの紹介
       鈴江寛史(気象庁気象衛星センター)
  2. 高解像度降水ナウキャストを活用するために知っておきたいこと
       西嶋 信(気象庁予報部予報課)
  3. TOMACSで行ったナウキャスト社会実験について
       大西晴夫((一社)日本気象予報士会)
  4. 新型(フェーズドアレイ)気象レーダー(略称:PAWR)を利用した防災気象情報等の提供の試み
       道本光一郎他(ウェザー・サービス(株))
  5. 航空機運航における雷雨対策
       坂本 圭(全日本空輸㈱)
  6. ロケット打ち上げ制約への短時間気象予測の活用
       吉開朋弘((一財)日本気象協会)、
       齊藤靖博((国立研究開発法人)宇宙航空研究開発機構)

詳細は「天気」62巻7号 (p.606) にも掲載されています。