IGBP公開シンポジウム「生命を育む地球環境の変動予測と適応─我が国におけるIGBP25年間の歩み」

いつ:
2015-11-15 @ 9:00 AM – 12:00 PM
2015-11-15T09:00:00+09:00
2015-11-15T12:00:00+09:00
どこで:
政策研究大学院大学
日本
〒106-0032 東京都港区六本木7丁目22−1

日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会は,公開シンポジウム「生命を育む地球環境の変動予測と適応─我が国におけるIGBP25年間の歩み」を11月15日 (日) 9-12時に政策研究大学院大学(東京都港区六本木7-22-1)にて開催します.

このシンポジウムは,国際共同研究プログラムとして多大な科学的貢献を成したIGBP(地球圏-生物圏国際協同研究計画)が本年末を以てその活動を終え,傘下の8つのコアプロジェクトが新設されたFuture Earthに向けて取り組むことになるのを機に,我が国における25年にわたるIGBP関連の研究活動を総括するとともに,Future Earthを含め,将来へのさらなる発展を目指して議論することを目的としております.皆さま,どうか奮ってご参加下さい.

詳細なプログラムの確認や事前登録はこちらからお願いします.
http://mits10.aori.u-tokyo.ac.jp/kokusai/igbp2015/

当日ご参加の皆さまには「地球環境」IGBP特集号「生命を育む地球環境の変動予測と適応」(国際環境研究協会発行)をお渡しする予定です.

なお,同日午後にはFuture Earthに関連した公開シンポジウム「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015」が日本学術会議講堂にて開催されます.午前の会場から徒歩数分の所にありますので,引き続きご参加頂けましたら幸いです.

問合せ先:
植松 光夫 教授
東京大学大気海洋研究所
国際連携研究センター長
voice & fax:04-7136-6361
uematsu@aori.u-tokyo.ac.jp