平成30年7月豪雨に関する緊急対応研究会

いつ:
2018-08-17 @ 9:00 AM – 6:00 PM
2018-08-17T09:00:00+09:00
2018-08-17T18:00:00+09:00
どこで:
理化学研究所・計算科学研究センター 6階講堂
料金:
無料
連絡先:
研究会事務局

平成307月豪雨は、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的豪雨をもたらし、歴史的な災害となりました。この気候的背景や成因、メカニズム、予測可能性、予測情報の伝達や活用方法等について、科学的に深く分析、理解し、将来の豪雨災害の備えに生かしていくことは、科学者の重要な責務です。

 

そこで、以下の研究会を開催します。気象学者による最初の緊急対応として、豪雨発生後約1ヶ月のタイミングで、これまでの調査分析の結果を持ち寄り、特に気候的背景や成因、メカニズム、予測可能性に関する科学的な議論を深めます。これにより、現時点でのこの顕著現象に対する共通認識を得て、広く社会に発信するとともに、今後の調査分析を迅速かつ効果的に進める土台とします。

 

平成307月豪雨に関する緊急対応研究会

日時:8179時から18時(予定)

場所:理化学研究所・計算科学研究センター 6階講堂(神戸)

参加費:無料

 

興味のある方は是非ともご参加・ご発表をいただければ幸いです。なお、本会合は専門家間の情報交換・議論を目的としておりますが、どなたでも参加いただくことができます。会場の都合のため、参加を希望される方は810日までに下記情報をご連絡頂きますよう、お願いいたします。事前登録なしでの当日入場はできません。また、発表者には一部旅費を支給できる場合があります。旅費を希望される発表者は、83日までにご連絡をお願いします。

 

旅費を希望する発表者:  締切 83日(金)

その他の発表者・参加者: 締切 810日(金)

 

********************************

1.氏名

2.ご所属

3.発表希望 (口頭、ポスター、発表なし)

4.発表希望の場合 ? 発表者・講演タイトル

5.旅費の希望 (する、しない)

********************************

連絡先:研究会事務局 heavyrain1807@ml.riken.jp

 

口頭発表の枠には限りがあります。口頭発表を希望されてもやむを得ずポスター発表となる可能性があります。ご理解いただけましたら幸いです。なお、口頭発表は、1件につき発表15分・議論10分を予定しています。

 

よろしくお願いいたします。

 

発起人代表 三好建正

 

=============================================================

平成307月豪雨に関する緊急対応研究会

 

1回目:2018817日 終日

2回目:2018913日 終日(予定)

 

趣旨:

平成307月豪雨は、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的豪雨をもたらし、歴史的な災害となった。この気候的背景や成因、メカニズム、予測可能性、予測情報の伝達や活用方法等について、科学的に深く分析、理解し、将来の豪雨災害の備えに生かしていくことは、科学者の重要な責務である。そこで本会合では、気象学者による最初の緊急対応として、豪雨発生後約1ヶ月のタイミングで、これまでの調査分析の結果を持ち寄り、特に気候的背景や成因、メカニズム、予測可能性に関する科学的な議論を深める。これにより、現時点でのこの顕著現象に対する共通認識を得て、広く社会に発信するとともに、今後の調査分析を迅速かつ効果的に進める土台とする。

 

発起人:

三好建正(代表)・富田浩文(共同代表)・沖理子・佐藤薫・佐藤正樹・清野直子・高薮縁・竹見哲也・坪木和久・中村尚・新野宏・堀之内武・増永浩彦・渡部雅浩

 

場所:

理化学研究所 計算科学研究センター

http://www.r-ccs.riken.jp/jp/map/

 

研究会WEB

http://www.data-assimilation.riken.jp/jp/events/h30july_heavy_rain/