行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

1月
31
2020
ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4 成果報告会 @ 気象庁 講堂
1月 31 @ 10:00 AM – 5:10 PM
ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4 成果報告会 @ 気象庁 講堂

ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4は最終年度を迎え、5年間にわたる研究開発で得られた知見および成果を、気象庁関係者をはじめ気象研究者のコミュニティ、大学や自治体関係者、一般企業等の関連分野の方に対して広く紹介することを目的として、成果報告会を開催します。皆さまのご参加をお待ちしております。

■開催日時

令和2年1月31日(金)10:00~17:10(開場9:30)

■会場

気象庁 講堂(東京都千代田区大手町1-3-4 2F)

< http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/map.html >

■参加方法

参加費無料、事前登録制(下記URLよりお申込みいただけます)

< https://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sh2020/form/ >

■発表内容

 ○サブ課題A「革新的な数値天気予報と被害レベル推定に基づく高度な気象防災」

  ・ビッグデータ同化に向けた観測誤差相関を考慮するデータ同化

  ・観測誤差時空間相関を考慮した変分法によるドップラー速度データ同化の検討

  ・1600メンバーEnVARの結果を使ったアンサンブル洪水予測

  ・新しいタイプのメソ渦とこれに伴う竜巻状渦に関する高解像度シミュレーション

  ・台風21号による建築物への影響評価

 ○サブ課題B「シームレス気象・気候変動予測」

  ・実運用可能な日本沿岸海況予測システムの開発

  ・台風の活動度に注目した高解像度非静力学モデルを用いた大メンバーアンサンブルシミュレーション

  ・ポスト「京」プロでの台風予測研究の進展

 ○サブ課題C「総合的な地球環境の監視と予測」

  ・高解像度シミュレーションで解き明かす物質の流れ

  ・エアロゾルモデルの現状と課題

 ○コデザイン「システムとアプリケーションの協調設計」

  ・重点課題4アプリケーションコデザイン

 

※この他、ポスター発表もあります。

講演者等プログラム詳細はこちらよりご覧ください

< http://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sh2020/ >

■主催・共催

国立研究開発法人海洋研究開発機構

気象庁気象研究所

■お問い合わせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構 成果報告会事務局

TEL:045-778-5753 FAX:045-778-5463

MAIL:pi4-contact@jamstec.go.jp

2月
1
2020
第4回「降水と噴火」研究集会のご案内 @ 気象庁講堂
2月 1 @ 10:00 AM – 4:35 PM

第4回「降水と噴火」研究会を下記のとおり開催します.

この研究会では,降水と火山噴火に関して,現象の理解,新しい観測方法,教育,ジオパーク,防災啓発などの様々な観点から議論します.参加は自由(事前登録なし)ですので、是非ともご参加ください。

       記

日時:2020年2月1日(土)10:00~16:35

場所:気象庁講堂

主催:気象研究所火山研究部,鹿児島大学地震火山地域防災センター

10:00- 佐藤英一(気象研)趣旨説明

10:05- 黒光貴峰(鹿児島大)「大学・学校・家庭が連携した防災の視点を取り

入れた中学校理科での授業実践」

10:35- 真木雅之(鹿児島大)「桜島噴煙の三次元気象レーダデータの解析」

11:05- Yura Kim (Kagoshima Univ.) 「Statistical study on weather radar data for Sakurajima volcanic eruptions under precipitation condition」

11:35- 西隆昭(鹿児島大)「固体化船舶用レーダによる桜島噴煙観測」

(休憩)

13:30- 佐藤英一(気象研)「気象レーダーを用いた曇天時の火山噴煙観測につ

いて」

14:00- 福井敬一(気象庁/気象研)「気象庁レーダー観測網による噴火雲の検

知(仮題)」

14:30- 千馬竜太郎(福岡管区気象台)「桜島における気象レーダーを用いた噴

煙解析手法の開発」

(休憩)

15:15- 澤田可洋(個人・環境学博士)「空港の火山灰災害の発生」

15:45- 新堀敏基(気象研)「新しい気象庁移流拡散モデルの開発(その2)」

16:15- 総合討論

16:30- 齋藤誠(気象研究所火山研究部長)閉会の挨拶

16:35   閉会

詳しくは、第4回「降水と噴火」研究会のご案内 をご覧下さい。

問い合わせ先:気象研究所火山研究部 佐藤(e-mail: esato@mri-jma.go.jp

よろしくお願いいたします。

気候講演会「海と気候変動~海が異常気象を引き起こす?~」 @ 一橋講堂
2月 1 @ 2:00 PM – 4:00 PM
令和元年度気候講演会が令和2年2月1日(土)に開催されます。
 
  • 日時:令和2年2月1日(土)14時~16時(開場13時30分)
  • 場所:一橋講堂(千代田区一ツ橋2-1-2)
  • 対象:一般、300名(参加費無料・事前申込制(先着順))
  • 主催:気象庁、(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター
  • 後援:文部科学省、環境省、地球ウォッチャーズ-気象友の会-

講演内容:

「海と気象」 東北大学大学院理学研究科 准教授 杉本 周作 氏

海洋と気象の関係、海洋が台風といった気象に与える影響について解説します。さらに、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が公表した「海洋・雪氷圏特別報告書」より海洋の現状や今後起こりうる海洋の変化など、“海洋”にまつわる最新の研究を紹介します。
 
「気候危機と防災」 気象キャスター 蓬莱 大介 氏
 
2018年大阪を襲った台風第21号の映像を見ながら、危険度分布やハザードマップなどの防災情報の見方も含め、“防災”についてお話しします。また、気象キャスターの視点から、“気候危機”というキーワードで気候変動についてお伝えします。その他、気象キャスターの裏側の話も。
 
詳細はこちら → 気候講演会公式HP
2月
27
2020
日本原子力研究開発機構「令和元年度 福島研究開発部門成果報告会」開催の御案内 @ いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
2月 27 @ 1:00 PM – 5:20 PM

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 福島研究開発部門において、

昨年度に引き続き、本年度も成果報告会を以下のとおり開催いたします。

 

令和元年度 福島研究開発部門成果報告会

 廃炉と環境回復~若手研究者と創るふくしまの未来~

1.日 時:令和2年2月27日(木) 13:00~17:20(12:30開場)

2.場 所:いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場(福島県いわき市平字三崎1番地の6)

3.参加費:無料(どなたでも御参加いただけます。)

4.主 催:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 福島研究開発部門

5.プログラム

・招待講演「廃炉・環境再生、復興に向けた地域コミュニケーション」

 崎田 裕子 氏 (ジャーナリスト・環境カウンセラー、

          NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 理事長)

・福島の学生からの研究成果発表(福島大学、福島工業高等専門学校)

・原子力機構研究者からの研究成果発表

・ポスターセッション(原子力機構、福島県内高等教育機関)

 

詳細はホームページで御案内いたします。

https://fukushima.jaea.go.jp/info/20200227_information.html

<申込期限>

令和2年2月20日(木)

<申込方法>

上記URLから参加申込用紙をダウンロードし、必要事項を御記入のうえ、

FAX(024-524-1069)またはE-mail(fukushima-hokokukai@jaea.go.jp)にて

お申し込みください。

<問合せ先>

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

福島研究開発部門 福島研究開発拠点

福島事業管理部 総務課 担当:成田

電話番号:024-524-1060

6月
8
2020
8th International Symposium on Data Assimilation (ISDA2020) @ Canvas Stadium, Colorado State University
6月 8 – 6月 12 全日