行事予定カレンダー

日本気象学会に関連する行事の予定カレンダーです。使用方法はカレンダーの使い方を参照してください。

11月
20
2017
異常気象研究会 @ 京都大学 宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F大セミナー室(301号室)
11月 20 – 11月 21 全日
11月
23
2017
シンポジウム 九州北部豪雨の教訓と地域防災力 @ 福岡大学文系センター棟4階第4会議室
11月 23 @ 1:00 PM – 4:30 PM

概要

 本年7月の九州北部豪雨によって、福岡県、大分県等に甚大な被害が発生し、死者・行方不明者は40名を超えました。記録的な短時間での降雨のため、避難も至難であったといわれています。 

 本シンポジウムでは、国土交通省の担当官に基調講演をいただき、九州北部豪雨の教訓を踏まえたコミュニティや企業による地域防災力の強化や地区防災計画制度の在り方について考えます。

  • 日時 2017年11月23日(木・祝) 13時〜16時半
  • 場所 福岡大学文系センター棟4階第4会議室
  • 主催 地区防災計画学会、福岡大学福岡・東アジア・地域共生研究所、情報通信学会災害情報法研究会

対象

地域防災力の強化に興味のある方(参加費無料) 
   ※地区防災計画学会HPで申込受付

基調講演

  • 安部宏紀 国土交通省九州地方整備局総括防災調整官

シンポジスト・コメンテーター

  • 室﨑益輝 神戸大学名誉教授(地区防災計画学会会長)
  • 矢守克也 京都大学防災研究所教授(地区防災計画学会副会長)
  • 尾方義人 九州大学芸術工学研究院准教授
  • 林 秀弥 名古屋大学大学院法学研究科教授
  • 井上禎男 琉球大学法科大学院教授
  • 田中健一 兵庫県庁広域防災センター防災教育専門員
  • 金 思穎 日本学術振興会特別研究員(DC2・専修大学)

モデレーター

  • 西澤雅道 福岡大学法学部准教授(内閣府より派遣)

案内PDF

11月
24
2017
学術出版に関する日中韓のシンポジウム  @ テレコムセンタービル東棟20階 会議室
11月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM

┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗■ 学術出版に関する日中韓のシンポジウム 
  “The Landscape of Scholarly Publishing in China、Korea & Japan”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 国立研究開発法人科学技術振興機構(以下JST)知識基盤情報部,情報企画部は
JSTが主催するサイエンスアゴラ2017内の一企画として、中国科学技術信息研究所(ISTIC),
韓国科学技術情報研究院(KISTI)から講師を招き,日中韓国際シンポジウムを開催いたします。
 公的機関が運営するプラットフォームとしての観点から,日中韓の学術出版(特に電子ジャーナル)の
役割と目指すところ,またそのための取り組みについて,各国の現状を報告していただきます。
※発表・質疑は英語で行います。(通訳なし)

“The Landscape of Scholarly Publishing in China、Korea & Japan”

■日時:2017年11月24日(金)14:00~15:30

■会場:テレコムセンタービル東棟20階 会議室1
(東京都江東区青海二丁目5番10号)
 http://www.tokyo-teleport.co.jp/b/tel/access.html

■主催:国立研究開発法人科学技術振興機構 知識基盤情報部,情報企画部

■登壇者
中国:Dr. Dong, Cheng:
 中国科学技術信息研究所(ISTIC)情報理論と方法研究センター副主任

韓国:Dr. KIM, Jeonghwan:
 Director, Department of Information Infrastructure,
 S&T Information Center, KISTI

日本:小賀坂康志(Dr. OGASAKA, Yasushi )
 国立研究開発法人科学技術振興機(JST)知識基盤情報部長

■参加費:無料

■定員:50名

■詳細・お申し込み
 http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/152/

■お問い合わせ先:
科学技術振興機構情報企画部広報担当
E-mail:pr-web@jst.go.jp

11月
28
2017
研究会「長期予報と大気大循環」:熱帯・中高緯度の季節内変動 ~現象のメカニズムと予測可能性~ @ 気象庁3号庁舎2階 3023会議室
11月 28 @ 2:00 PM – 5:30 PM
11月
29
2017
第19回非静力学モデルに関するワークショップ(富山) @ 富山大学
11月 29 – 11月 30 全日

①概要

19回非静力学モデルに関するワークショップを、1129日・30日に富山大学で開催します。

詳細は、下記又は、WEBページをご覧下さい。

 http://www3.u-toyama.ac.jp/climate/NHM_meeting/NHM_meeting_2017.html

②開催の趣旨

非静力学モデルは21世紀の気象学にとって欠くことのできない重要な研究基盤です。

しかしながら、多機能で高精度の非静力学モデルシステムの開発には多くの専門家の協力が必要です。

また、数値モデルを改良するためには利用者と開発者が連携し様々な事例で数値実験を行う必要があります。このため、幅広い情報交換の場としてワークショップを開催いたします。

 今回のワークショップでは、従来と同様、力学フレーム、物理過程とそのパラメータ化、データ同化、現象の解析、局地気候モデルなど、LESから全球、基礎から応用に至るまで非静力学モデルについて幅広く議論します。また、今回はメソアンサンブル予報に関する研究も対象に含めて情報交換を行いたいと思っております。興味と関心のある方は是非御参加下さい。

③問い合せ

安永 数明,富山大学 理学部 地球科学科 〒939-0887 富山県富山市五福3190

Tel & Fax076-445-6664

 

GPMシンポジウム 宇宙から見る雨 ~これまでの20年、これからの20年~ @ 富士ソフトアキバプラザホール
11月 29 @ 1:00 PM – 5:00 PM
12月
2
2017
平成29年度気象研究所研究成果発表会 @ 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)
12月 2 @ 1:30 PM – 4:30 PM

平成29年度気象研究所研究成果発表会のご案内です。

気象研究所では「研究成果の社会への還元」の観点から、
広く国民の皆様方に当所の研究開発をご理解いただくため、
下記のとおり研究成果発表会を開催します。
どなたでもご参加いただけますので、
皆様のご来場をお待ちいたしております。

タイトル:
平成29年度気象研究所研究成果発表会~自然を知り自然災害に挑む~
URL: http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H29/Happyoukai2017/Happyoukai2017.html
日時:平成29年12月2日(土)13:30~16:30(開場:13:00)
場所:一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
TEL: 03-4212-3900
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A9出口)徒歩3分
東京メトロ東西線  竹橋駅(1b出口) 徒歩4分

講演題目・講演者:
・気象研究所での自然災害軽減に向けた研究の最前線
 隈 健一(気象研究所長)
・「平成29年7月九州北部豪雨」の発生要因について
 - 線状降水帯の形成・維持メカニズム-
 津口 裕茂( 予報研究部 主任研究官)
・日本における極端降水の将来変化
 村田 昭彦(環境・応用気象研究部 主任研究官)
・揺れの数値予報:次世代の緊急地震速報を目指して
 干場 充之(地震津波研究部 室長)
・気象庁海洋気象観測船「啓風丸」で観測された西之島の火山活動
 高木 朗充(火山研究部 室長)

司会:寺川奈津美(気象キャスター)

入場料:無料
参加方法:事前申込制(先着定員400名)。
以下のURLより参加登録を行ってください。
https://www.omc.co.jp/mriseika29/
お問い合わせ先:気象庁気象研究所企画室(担当:岡部、川又)
Tel:029-853-8546
Fax:029-853-8545

12月
4
2017
2017年度日本気象学会東北支部気象研究会 @ 仙台第3合同庁舎 2F大会議室
12月 4 @ 10:30 AM – 5:30 PM
12月
5
2017
「第8回極域科学シンポジウム」開催 @ 国立極地研究所(東京都立川市)
12月 5 – 12月 8 全日

詳しくは、以下のURLをご覧ください。

http://www.nipr.ac.jp/symposium2017/

1月
15
2018
第5回国際北極研究シンポジウム (ISAR-5) @ 一ツ橋ホール
1月 15 – 1月 18 全日

Organizers of the Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5) invite you to submit an abstract and make registration through the website: https://jcar.org/isar-5/

 

Important! There are some news and changes for the registration and abstract submission.

https://jcar.org/isar-5/index.html

-[Removed]The requirement of Registration before Abstract submission was removed. Input of Registration ID is not anymore “must” for Abstract submission.
-In case of the payment by credit card, it will not be charged to your credit card account before December 2017 far later than the accept/reject notice of the submitted abstract.
-[Changed]One day registration does not require specific date.   Name card with attending date will be issued at the reception desk.
-The page on Reception information page is open.
-Your payment receipt will be issued at the registration desk on-site with your name card.
 

The deadline of the submission of Abstract is August 31, 2017.

The deadline of the early-bird registration is November 15, 2017 and the late registration ends on December 15, 2017.  On-site registration is also available during Symposium (Jan. 15-18, 2018).

 

Please feel free to circulate this call into your labs, institutes and communities. 

 

Information for side meetings can be found far down below.

 

The symposium will address “the changing Arctic and its regional to global impact: From information to knowledge and action.” The sessions you can submit your abstract are listed below and also find at : https://jcar.org/isar-5/abstract/session_information.html.

 

 -The general sessions are single disciplinary session and the special sessions are inter/multi-disciplinary session. 

 -Please use the template downloading from the website (https://jcar.org/isar-5/abstract/index.html) to make your abstract. 

 -Now Registration is not required for the submission of your abstract. 

 -If it is difficult to find a session, just pick a general session, which is closest to the subject you will present in Symposium.

 -Submission of abstract is limited to one for oral presentation, and two for poster presentation.

 

Sessions

General Sessions

(G 1) Atmosphere Main convener: Mio Matsueda / Co-convener: Keiichiro Hara

(G 2) Ocean and Sea Ice Main convener: Hajime Yamaguchi / Co-conveners: Genki Sagawa, Hiroyasu Hasumi  

(G 3) Rivers, Lakes, Permafrost and Snow Cover Main convener: Mamoru Ishikawa / Co-convener: Masahiro Hori

(G 4) Ice Sheets, Glaciers and Ice Cores Main convener: Hiroyuki Enomoto / Co-conveners: Teruo Aoki, Konrad Steffen, Yoshinori Iizuka

(G 5) Terrestrial Ecosystems Main convener: Yojiro Matsuura

(G 6) Marine Ecosystems Main convener: Sei-Ichi Saito

(G 7) Geospace Main convener: Yasunobu Ogawa / Co-conveners: Ryuho Kataoka, Yoshizumi Miyoshi, Takuji Nakamura

(G 8) Policies and Economy  Main convener: Shinichiro Tabata / Co-convener: Fujio Ohnishi

(G 9) Social and Cultural Dimensions Main convener: Shiaki Kondo / Co-convener: Shirow Tatsuzawa

 

Special Sessions 

(S 1) Arctic Warming by Natural Variability and/or Human Impact Main convener: Hiroshi L. Tanaka / Co-convener: John E. Walsh

(S 2) Synergies for “New Arctic” Climate Prediction, Observation and Modeling  Main convener: Jun Inoue / Co-conveners: Yusuke Kawaguchi, Benjamin Rabe, Daiki Nomura (S 3) A Complex Adapting Arctic Ecohydrology in the Context of Changing Climate Main convener: Hotaek Park / Co-conveners: Tetsuya Hiyama, Daqing Yang

(S 4) Biogeochemical Cycles and Biodiversity of Terrestrial Ecosystems under Arctic Warming Main convener: Hideki Kobayashi / Co-conveners: Josef Elster, Yongwon Kim, Elie Verleyen, Shin Nagai

(S 5) Synoptic Arctic Survey – An Ocean Research Program for the Future Main convener: Are Olsen / Co-conveners: Shigeto Nishino, Leif Anderson, Michiyo Yamamoto–Kawai, Sung-Ho Kang, Øyvind Paasche

(S 6) The Pacific Arctic Region: Rapid Environmental Changes and their Impacts on Ecosystems, Climate, and Society Main convener: Amane Fujiwara / Co-conveners: Kohei Mizobata, Hajo Eicken, Sung-Ho Kang

(S 7) Challenges for Sustainable Use of the Arctic Sea Route Main convener: Natsuhiko Otsuka 

(S 8) Developing Under-ice AUV Systems Main convener: Peter Wadhams / Co-convener: Bo Krogh

(S 9) Understanding the Changing Arctic through Data: Stewardship, Publication, and Science Main convener: Peter L. Pulsifer / Co-conveners: Masaki Kanao, Øystein Godøy, Shannon Christoffersen Vossepoel, Hironori Yabuki, Julie Friddell

(S10) Sustainable Development in the Russian Arctic: Perspectives from Economic,

Environmental and Policy Studies Main convener: Violetta Gassiy / Co-convener: Daria Gritsenko

(S11) Environmental, Economic, Societal and Geopolitical Dynamics in the Arctic, their Global Drivers and Implications Main convener: Lassi Heininen / Co-conveners: Matthias Finger, Fujio Ohnishi

(S12) Greenlandic Reflections of Global Concerns: Ecological, Social and Political Perspectives on the Future Main convener: Naotaka Hayashi / Co-convener: Minori Takahashi

(S13) Non-Arctic Decision-making and the Dynamics of Social Change in the North Main convener: Nikolas Sellheim / Co-convener: Osamu Inagaki

(S14) Synthesizing Local Interactions between Permafrost and Human Societies Main convener: Hiroki Takakura / Co-conveners: Tamara Litvinenko, Yoshihiro Iijima

(S15) Technology, Infrastructure and Human Space in the Past and Present of Northern Regions Main convener: Naoko Iwasaki / Co-conveners: Peter Schweitzer, Hiroki Takakura

 

Side Meetings

Do you want to organize side event during ISAR-5? We will be able to provide some meeting rooms as below. The rooms in the venue are reserved the first come, first served bases, and free of charge in the following time period.

January 15 (Mon)  13:00-21:00

January 17 (Wed)  19:00-21:00

January 18 (Thu) 17:00-21:00

If the rooms in the venue are full and not available, the ISAR-5 office can find and introduce fee-based rental rooms. Please contact ISAR-5 Office (isar5-office@nipr.ac.jp) providing the following information. 

-Contact person’s name, affiliation, e-mail address,

-Name of the meeting,

-Name of the organizer and affiliation,

-Planned date and time period,

-Expect number of attendees, and

-Other specific requirements.

 

If you have any inquiries, please contact ISAR-5 Secretariat:  isar5-office@nipr.ac.jp

 

ISAR-5 Office

2月
9
2018
第12回航空気象研究会 (2018/02/09) @ 気象庁講堂(予定)
2月 9 @ 1:30 PM – 6:00 PM

第12回航空気象研究会を下記要領で開催します.

[PDF]

主題:2017年2月に第11回の航空気象研究会を開催したところ,多数の方々にお集まりいただき,乱気流,台風に伴う強風等航空機の運航に影響する現象に関する講演や高度化した観測システム・支援プロダクトの紹介等多方面からの話題提供と活発な質疑応答がありました.

航空気象の研究は,運航会社関係者・管制機関従事者・気象関連会社従事者・気象主管庁関係者・関係研究機関研究者等の人々により,飛行場や航空路の気象,航空機への気象の影響等々を対象にして様々なアプローチが考えられます.第11回の研究会でもこうしたアプローチの一端が紹介されたところであり,今後もより多くの方々からの研究が推進されていくことが大切であると考えています.

航空気象研究連絡会ページはこちら: https://www.metsoc.jp/LINK/kouku/kouku.htm

2月
15
2018
第15回天気予報研究会 (2018/02/15) @ 気象庁講堂(予定)
2月 15 @ 1:30 PM – 5:30 PM

[PDF]

2020年夏に,東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます.そこで,今年度の研究会は,「スポーツと気象予報」をテーマに実施します.

特に真夏の東京は,猛暑や局地的大雨などの厳しい気象状況のおそれがある中で,様々なスポーツ競技が実施されます.当研究会では,各種スポーツと気象の関係,降水短時間予測,熱中症,競技関係者や海外の方々への気象情報の伝え方等について議論します.

天気予報研究連絡会ページはこちら: https://www.metsoc.jp/LINK/tenki/weather.html