先生のための気象教育セミナー

学校における気象教育を支援する活動の一環として「先生のための気象教育セミナー」(旧:気象教育懇談会)を開催しています。

2018年度は、雪の結晶作成実験や竜巻発生装置の作成といった身近なものでできる気象実験とともに、元気象庁天気相談所予報官の伊東 譲司氏の講演や本委員でもある現役気象キャスターのお話しなど、生徒の興味を引き出す実験とエピソードを紹介します。さらに参加者間で授業のアイデアなどを一緒に考える懇談の時間も設けます。特に気象分野の苦手な方、小学校の先生もお待ちしています。なお、このセミナーは事前申込制となりますので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。なお、本事業は「小倉義光・正子基金」の資金援助を受けて実施しています。

(過去の気象教育セミナー)
2017年度 気象教育懇談会
2016年度 気象教育懇談会


2018年度 先生のための気象教育セミナー(旧:気象教育懇談会)

日時: 2019年1月6日(日) 13:30~17:30 (13:00受付開始)

場所: 田園調布学園
   (〒158-8512 世田谷区東玉川2-21-8)
   東急東横線・目黒線 田園調布駅 徒歩7分
   東急池上線 雪が谷大塚駅 徒歩10分

主催: (公社)日本気象学会 教育と普及委員会

内容:
1.雪の結晶を作ろう-田園調布学園土曜プログラムの授業から-(40分)
  講師:荒川 知子(田園調布学園・教育と普及委員会)、岡田 登志惠(教育と普及委員会)
2.簡単にできる気象実験-身近なもので作る竜巻発生装置-(40分)
  講師:牧野 恒明(日本気象予報士会)
3.お天気相談所の窓から-気象にまつわるいろいろな話題-(50分)
  講師:伊東 譲司(元気象庁 天気相談所予報官)
4.今日の話題や実験に関する気象キャスターのお話(30分)
  講師:南 利幸(気象キャスター・教育と普及委員会)、岩谷 忠幸(気象キャスター・教育と普及委員会)
5.懇談(25分)

対象: 中学校・高等学校教員(小学校教員)

定員: 35名

参加費用: 1000円

申し込み方法: こちらの受付フォームにてお申し込みください

申し込み〆切: 12月20日(木)


2017年度 気象教育懇談会~ダジック・アースを活用しよう~

日時:  2018年1月8日(月・祝) 13:30~17:30 (13:00受付開始)

場所: 田園調布学園
   (〒158-8512 世田谷区東玉川2-21-8)
   東急東横線・目黒線 田園調布駅 徒歩7分
   東急池上線 雪が谷大塚駅 徒歩10分

主催: (公社)日本気象学会 教育と普及委員会

後援(予定): (一財)日本気象協会,日本地学教育学会,(一社)日本気象予報士会

内容:
1.ダジック・アースとは何か(60分)     講師:齊藤 昭則(京都大学)
2.ダジック・アースを使った授業実施例(50分)講師:畠山 正恒(聖光学院)
3.ダジック・アースの設置・調整実習(30分)
4.キャスターがダジック・アースを使ったら(20分)講師:南 利幸,岩谷忠幸
5.懇談(30分)

対象: 中学校・高等学校教員

定員: 35名

参加費用: 1000円

受付方法: こちらの受付フォームにてお申し込みください

募集〆切: 12月20日(水)


2016年度 気象教育懇談会
~天気図の書き方・読み方 / 気象を教える上でのお悩み相談会~

日時:  2017年1月8日(日)13時~17時

場所: (一財)日本気象協会会議室
(〒170-6055 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60  55階)

主催: (公社)日本気象学会 教育と普及委員会

後援: (一財)日本気象協会,日本地学教育学会,(一社)日本気象予報士会

内容:
1.天気図の書き方・読み方 講師:岩谷忠幸(NPO法人 気象キャスターネットワーク 副代表)
2.懇談会「気象を教える上でのお悩み相談室」
3.天気予報の作成現場見学

対象: 主に中学校・高等学校で理科(地学)を教える先生

定員: 30名

参 加 費 用: 資料代実費徴収予定(500円程度) 

申し込み方法: 下記の内容をご記入の上、電子メールにてお申し込みください。
・氏名: ・所属(学校名): ・担当教科・科目: ・気象を教えるにあたり苦手と感じるところ、教えていて困るところ: (もしありましたらお書きください)

  Emailアドレス: msj-ed_2016@metsoc.jp

申し込み〆切: 2017年1月4日(水)