日本気象学会からの声明等

新着情報

平成30年度「災害時等の熱中症対策シンポジウム」について
2019-02-18
宇宙航空研究開発機構招聘職員(任期付) の公募について
2019-02-17
第7回防災学術連携シンポジウムの開催のお知らせ
2019-02-16
日本気象学会松野賞候補者のエントリー
2019-02-15
2019年度東レ科学技術賞および東レ科学技術研究助成の候補者推薦募集
2019-02-14
2019年度秋季大会専門分科会テーマ募集
2019-02-12
2018年度秋季大会松野賞の受賞者決まる
2019-02-07
松本誠一名誉会員のご逝去について
2019-02-07
平成30年度 地球シミュレータ利用報告会
2019-02-06
平成30年度気候講演会「異常気象時代を生きる」
2019-02-06
地球惑星科学分野の大型研究計画提案について
2019-02-04
第13回航空気象研究会
2019-02-02
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会
2019-02-01
2018年英文レター誌SOLA論文賞受賞者のお知らせ
2019-02-01
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)国際部:日本-ロシア共同研究公募「北極観測および北極域における自然利用とエネルギー資源開発のための科学技術」
2019-01-30

行事予定

2月
17
2019
第34回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」 @ 紋別市民会館・紋別市文化会館・紋別市立博物館
2月 17 – 2月 22 全日
2月
23
2019
第16回天気予報研究会開催 @ 気象庁講堂
2月 23 @ 1:30 PM – 4:30 PM

 第16回天気予報研究会を下記要領で開催します.入場は無料です.

日時:2019年2月23日(土) 13時30分~16時30分(受付開始 13時)場所:気象庁講堂

要旨

 旅行に天気予報は欠かせない情報です.また,近年は「天空の城・竹田城」の雲海,富山の蜃気楼,オホーツク海の流氷など地域特有な気象現象等を町おこしに利用しています.さらに,2020年に東京オリンピックをひかえ観光を兼ねて日本に来る人が増え,気象情報はより楽しく過ごすためにも防災のためにも大切な情報になります.このため,「観光と気象情報」をテーマに,観光に係わる幅広い自然現象を対象とした気象情報について議論します.

発表題目(発表順)

講演

  1. 流氷観光に向けた海氷情報
       辻健太郎(気象庁海洋気象課海洋気象情報室)
  2. 気象を観光資源に
       武田康男(空の探検家)
  3. 日本の気候が作り出した世界遺産
       森さやか(NHK WORLD 気象アンカー)
  4. 秩父地方の雲海とその予報について
       富田浩充(秩父市役所)
  5. 自然現象(霧)を活用した地域活性化の取り組み
       今村聡(日本気象予報士会 川内川あらしプロジェクト)
  6. 蜃気楼の見える街 魚津での蜃気楼観光と気象
       佐藤真樹(魚津埋没林博物館)

(詳細はこちらをご覧ください。)

2月
28
2019
第3回気象ビジネスフォーラム @ 一橋大学 一橋講堂
2月 28 @ 10:00 AM – 4:30 PM

 

気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC。事務局:気象庁)では、気象データの利活用促進・気象ビジネス市場の拡大を目指し、以下のとおり気象ビジネスフォーラムを開催いたします。

本記事をご覧になられている皆様はもちろんのこと、気象データ活用にご関心のあるお知り合いの方々にもお声掛けいただき、たくさんのご来場をお待ちしております。

———————————————————————————————————————–

第3回気象ビジネスフォーラム

~気象データが拓く未来のビジネス~

 

日時:2019年2月28日(木)

10:00~17:00 ブース展示

13:00~16:30 ビジネス事例紹介・トークセッション等

(※受付開始 12:15)

場所:一橋大学 一橋講堂

 (最寄駅: 東京メトロ神保町駅、竹橋駅)

参加費:無料

定員:500名(事前申込制)

主催:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)

 

イベント概要:

本イベントでは、気象データを活用した新たなビジネスの創出、生産性の向上を目指します。

気象データを活用した新たなビジネス事例を各企業よりご紹介いただくとともに、AI 等の先端技術の活用等による今後のビジネス展望についてトークセッションを行います。併せて、気象、IT、製造業等の各企業によるブース展示を行います。

お申込み方法:

 ビジネス事例紹介・トークセッション等へのご参加は、以下のホームページから事前申込をお願いします。企業展示ブースへのご来場については、事前申込不要です。

 https://realmedialab.com/wxbc_forum/

 

詳細は次のホームページをご覧ください。

https://www.wxbc.jp/event/20190228_forum03/

3月
5
2019
平成30年度 地球シミュレータ利用報告会 @ 品川グランドホール
3月 5 @ 10:00 AM – 5:30 PM

海洋研究開発機構では、地球シミュレータを利用して得られた成果の公表と

今後の展開についてご紹介する「平成30年度 地球シミュレータ利用報告会」を開催します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

■開催日時

平成31年3月5日(火)10:00~17:30(開場09:30)

 

■会場

品川グランドホール (最寄り:品川駅)

< https://www.google.co.jp/maps/place/THE+GRAND+HALL/@35.6278911,139.738878,17z/data=!4m5!3m4!1s0x60188a5b11a0296d:0xd12465c1d96cc83e!8m2!3d35.626631!4d139.740439 >

 

■参加方法

参加費無料、事前登録制(下記URLよりお申込みいただけます)

< http://www.jamstec.go.jp/es/jp/event/h30houkoku/ >

 

■プログラム

こちらよりご覧ください< http://www.jamstec.go.jp/ceist/sympo/2018/ >

 

■主催

国立研究開発法人海洋研究開発機構

 

■お問い合わせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球シミュレータ利用報告会事務局

TEL:045-778-5753 FAX:045-778-5491

MAIL:ceist_pr@jamstec.go.jp

3月
15
2019
平成30年度「災害時等の熱中症対策シンポジウム」について @ CIVI研修センター 秋葉原D205ホール(東京都)
3月 15 @ 1:00 PM – 4:00 PM

環境省では、来る2019年3月15日(金)に「平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウム」を開催いたします。

詳しくは、

http://www.wbgt.env.go.jp/sympo.php

ご覧下さい。

5月
15
2019
日本気象学会 2019 年度春季大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
5月 15 – 5月 18 全日
日本気象学会 2019 年度春季大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター | 渋谷区 | 東京都 | 日本

日本気象学会2019年度春季大会が 2019年5月15~18日に国立オリンピック記念青少年総合センター で開催されます。

特設ページはこちらです。

研究発表

口頭及びポスター形式で行われます。

 大会日程

大会は以下の日程で行われる予定です.

  • 第1 日(5 月 15 日)
    • 午前:口頭,ポスター
    • 午後:口頭
  • 第 2 日(5 月 16 日)
    • 午前:口頭,ポスター
    • 午後:総会,受賞記念講演,懇親会
  • 第 3 日(5 月 17 日)
    • 午前:口頭,ポスター
    • 午後:シンポジウム
  • 第 4 日(5 月 18 日)
    • 午前:口頭,ジュニアセッション
      ※ジュニアセッションの件数によっては第 4 日午前にポスター発表を行うこともあり得る 
    • 午後:口頭,公開気象講演会 

シンポジウム

大会第 3 日(5 月 17 日)の午後に開催予定です. テーマは「多重階層システムとしての気候の研究」 です. 

懇親会

大会第 2 日(5 月 16 日)の夕刻(18:15~を予定) に,大会会場にて開催予定です

5月
29
2019
第24回 計算工学講演会 @ ソニックシティー
5月 29 – 5月 31 全日
7月
3
2019
第56回アイソトープ・放射線研究発表会 @ 東京大学弥生講堂
7月 3 @ 9:25 AM – 7月 5 @ 10:25 AM