日本気象学会からの声明等

新着情報

2019年度日本気象学会賞、藤原賞、岸保・立平賞受賞候補者の推薦募集
2018-09-20
第25回風工学シンポジウム開催のお知らせ
2018-09-19
公益財団法人 藤原科学財団 「第60回藤原賞」受賞候補者の推薦募集
2018-09-18
日本学術会議公開シンポジウム「原子力総合シンポジウム2018」開催のお知らせ
2018-09-18
第7回国際データ同化シンポジウム
2018-09-18
2018年春季大会アンケート結果の報告
2018-09-18
女子中高生夏の学校2018~科学・技術・人との出会い~ 報告
2018-09-14
埼玉県環境科学国際センター環境研究職(地方公務員、常勤職員)の募集
2018-09-10
衛星地球観測ミッション公募(第一回試行)のお知らせ
2018-09-05
第55回自然災害科学総合シンポジウム
2018-09-05
第39期第23回(2018年5月)・第40期第1回(2018年5月)・第40期第2回(2018年6月)理事会議事録
2018-09-03
2018年度総会議事録(2018年5月)
2018-09-03
2019年度春季大会専門分科会テーマ募集
2018-08-31
日本気象学会松野賞候補者のエントリー
2018-08-29
第4回気象学史研究会「わが国における大気放射学の草創と東北大学」開催(2018/10/31仙台)のお知らせ
2018-08-27

行事予定

9月
25
2018
iCACGP-IGAC 2018国際会議 @ サンポートホール高松
9月 25 – 9月 29 全日

iCACGP-IGAC 2018国際会議の講演申し込み受付開始

20189月に24年ぶりに日本で開催されるiCACGP-IGAC 2018国際会議の講演申し込み受付が開始されました。アブストラクト申込締め切りは41です4月11日延長されました。

メインテーマは

Atmospheric Chemistry: From molecules to global impacts

(大気化学:分子から地球規模の影響まで)で、以下の5つのセッションにおいて、大気化学研究を中心として、その基礎研究から気象・気候への影響、生態系への影響、人間圏とのかかわりなど多様なトピックスが世界各国の研究者により講演され議論されます。

  1. Atmospheric Chemistry and Fundamentals (大気化学と基礎研究)
  2. Atmospheric Chemistry and Weather/Climate (大気化学と気象・気候)
  3. Atmospheric Chemistry and Ecosystems (大気化学と生態系)
  4. Atmospheric Chemistry and People (大気化学と人間)
  5. Challenging the Future (未来への挑戦)

詳細:http://icacgp-igac2018.org/conference-program/sessions/

また、次世代を担う若手研究者の育成のため、

  • Early Career Short Course (若手研究者ショートコース)
  • Early Career Conference Program (若手研究者プログラム)

では、若手研究者どうしや、シニア研究者との相互交流の機会も予定されています。

詳細:http://icacgp-igac2018.org/early-career-scientists/ec-short-course/

大気化学のみならず、水圏や陸域をメインにしつつ大気との境界に関する研究をなさっている研究者の皆様のご参加も歓迎いたします。 

詳細な情報はこちらをご覧ください。

大会ウエブサイト:http://icacgp-igac2018.org

日本大気化学会からのお知らせ:https://jpsac.org/news/post_1952/

第10回熱帯気象研究会 @ 名古屋大学 IB電子情報館IB015講義室
9月 25 – 9月 26 全日
第10回熱帯気象研究会 @ 名古屋大学 IB電子情報館IB015講義室

第10回熱帯気象研究会の開催と講演募集のお知らせ

熱帯気象研究会を下記の要領で開催 します.

要旨

本年3月の福岡での開催に引き続き,熱帯気象の理解を深めることを目的に,第10回熱帯気象研究会を開催いたします.例年通り口頭とポスターセッションを設け、口頭発表には質疑含め各30分程度の時間を確保します。最新の研究成果をじっくりと発表・議論しながら,プロジェクトの枠を超えた熱帯気象研究のさらなる活性化を図ります.研究会をひとつの足がかりとして研究の芽が育つことを強く期待します.関係各分野からの講演を広く募集します.

講演申込要領

応募締切:2018年8月25日(土)

研究会情報ウェブページに掲載している「講演申し込み」の欄に記載のフォームにしたがって,title,author,affiliation,発表形態の希望 (口頭たはポスター),連絡先Emailをご記入の上, 下記提出先宛にメールで申し込んでください.後日(9月15日〆切)Abstract(200語程度)をお願いする予定です。

参加申込み及び問い合わせ先

LOC: 増永 浩彦 (名古屋大学)

9月
27
2018
平成30年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」 @ 京都大学宇治キャンパス
9月 27 – 9月 28 全日

平成30年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」のお知らせ

台風による災害は広域的かつ複合的に発生します。例えば、2017年の台風3号通過後に九州北部豪雨が発生しました。また、台風5号の外縁部のレインバンドにより竜巻が発生しました。また、超大型の台風21号により太平洋岸の広域にわたり高潮が発生しました。本研究集会では、異分野の研究者が一同に集い、それぞれの視点からの研究成果を交わすことで、大規模化する台風災害の発生メカニズムを解明しその減災対策を提案することを目的とします。

 

本研究集会では、「台風」を共通のキーワードとして、気象学、海洋学、風工学、土木工学、情報学、生態学といった様々な分野の研究者、予報実務者、土木技術者、施策担当者、報道関係者などが産・官・学の垣根を越えて交流し、過去・現在・未来の顕著台風に伴う災害について分野横断的に多角的に議論します。特に、次世代の台風災害研究を担う大学院生の皆さんの積極的なご参加ご発表を期待しています。興味と関心のある方は是非ご参加下さい。

 

詳細は次のホームページをご覧ください。

 

http://www1.gifu-u.ac.jp/~amet/typhoon2018/201809_DPRI-Typhoon.html

 

10月
1
2018
第6回 SPARC General Assembly @ みやこめっせ
10月 1 – 10月 5 全日

第6回 SPARC General Assembly の京都開催のご案内

WCRP(世界気候研究計画)の4つのコアプロジェクトの1つであるSPARC (Stratosphere-troposphere Processes And their Role in Climate;成層圏・対流圏の諸過程と気候影響研究) の第6回総会 (General Assembly) が今秋に京都にて開催されることになりました。これまでSPARC総会は南半球と北半球で交互に開催されてきましたが、今回は初めての東アジアでの開催ということになります。

アブストラクトの一般受付は2018年1月15日~4月1日です。

多くの方のご参加をお待ちしています。

10月
29
2018
日本気象学会2018年度秋季大会 @ 仙台国際センター
10月 29 – 11月 1 全日
日本気象学会2018年度秋季大会 @ 仙台国際センター | 仙台市 | 宮城県 | 日本

日本気象学会2018年度秋季大会が 2018年10月29~11月1日に仙台国際センターで開催されます。

(※ 現時点での予定です)

日本気象学会秋季大会ページはこちら。

First Distinguished Ogura Lecture in 2018 @ Sendai International Center
10月 29 @ 10:00 AM – 11:30 AM

The first Distinguished Ogura Lecture in will be held on the first day of the The MSJ 2018 Autumn Meeting in Sendai International Center.

(Flyer (in Japanese))

Lecturer

Prof. Robert Fovell

Professor Robert Fovell is a professor at the Department of Atmospheric and Environmental Sciences, University at Albany, SUNY, and also a professor emeritus at the Department of Atmospheric and Oceanic Sciences, UCLA. He received his Ph.D. degree in 1988 from the University of Illinois at Urbana-Champaign, where he studied under Prof. Yoshi Ogura. He served on the faculty at the University of California, Los Angeles, between 1991 and 2015, prior to joining the faculty at the University at Albany.

Professor Fovell conducts research in mesoscale and convective scale meteorology, primarily using high-resolution numerical models. He has written many papers on squall lines, tropical cyclones, sea breezes, boundary layer rolls, gravity waves, and climate classification, among other subjects. He has taught a variety of subjects, including mesoscale modeling and dynamics, atmospheric thermodynamics, synoptic meteorology, fluid dynamics, and atmospheric data analysis. His research work has been supported by agencies such as the NSF, NASA, NOAA, and the California Air Resources Board, and also private sector companies.

Professor Fovell has served as chair of the Faculty of the UCLA College of Letters and Science (2007-09), as chair of the American Meteorological Society (AMS) Committee on Mesoscale Processes (2009-11), and as co-chair of the AMS Michio Yanai Symposium (2011). In 2005, he received the UCLA Distinguished Teaching Award (the Eby Award for the Art of Teaching) and is the 2012 recipient of the AMS Teaching Excellence award. His video course Meteorology: An Introduction to the Wonders of the Weather was published by ‘The Great Courses’ in 2010.

 

日本気象学会第一回小倉特別講義 @ 仙台国際センター 大会議室 橘
10月 29 @ 10:00 AM – 11:30 AM

第一回小倉特別講義が日本気象学会2018年秋季大会の初日午前 10 時から行われます。講義は英語で行われます。同日午後に、関連するセッション「メソ気象研究の現状と今後の課題」も開催されますので、併せてご参加ください。

(フライヤー)

講師紹介

Prof. Robert Fovell

Professor Robert Fovell is a professor at the Department of Atmospheric and Environmental Sciences, University at Albany, SUNY, and also a professor emeritus at the Department of Atmospheric and Oceanic Sciences, UCLA. He received his Ph.D. degree in 1988 from the University of Illinois at Urbana-Champaign, where he studied under Prof. Yoshi Ogura. He served on the faculty at the University of California, Los Angeles, between 1991 and 2015, prior to joining the faculty at the University at Albany.

Professor Fovell conducts research in mesoscale and convective scale meteorology, primarily using high-resolution numerical models. He has written many papers on squall lines, tropical cyclones, sea breezes, boundary layer rolls, gravity waves, and climate classification, among other subjects. He has taught a variety of subjects, including mesoscale modeling and dynamics, atmospheric thermodynamics, synoptic meteorology, fluid dynamics, and atmospheric data analysis. His research work has been supported by agencies such as the NSF, NASA, NOAA, and the California Air Resources Board, and also private sector companies.

Professor Fovell has served as chair of the Faculty of the UCLA College of Letters and Science (2007-09), as chair of the American Meteorological Society (AMS) Committee on Mesoscale Processes (2009-11), and as co-chair of the AMS Michio Yanai Symposium (2011). In 2005, he received the UCLA Distinguished Teaching Award (the Eby Award for the Art of Teaching) and is the 2012 recipient of the AMS Teaching Excellence award. His video course Meteorology: An Introduction to the Wonders of the Weather was published by ‘The Great Courses’ in 2010.

 

11月
14
2018
5th International Workshop on Nonhydrostatic Models @ The Japan Meteorological Agency
11月 14 – 11月 16 全日

The 5th International Workshop on Nonhydrostatic Models is relevant to all aspects of nonhydrostatic models ranging from Large Eddy Simulation models to nonhydrostatic global models, including dynamical frames, physics schemes, data assimilation schemes and regional climate models. The following topics are also welcome: predictability and applications to mesoscale phenomena, such as tropical cyclones, heavy precipitations, and shallow clouds. The future of high-performance computing for the meteorological and climate research is one of our great concerns.

5回非静力学モデルに関する国際ワークショップ (NHM2018) @ 気象庁
11月 14 – 11月 16 全日

The 5th International Workshop on Nonhydrostatic Models is relevant to all aspects of nonhydrostatic models ranging from Large Eddy Simulation models to nonhydrostatic global models, including dynamical frames, physics schemes, data assimilation schemes and regional climate models. The following topics are also welcome: predictability and applications to mesoscale phenomena, such as tropical cyclones, heavy precipitations, and shallow clouds. The future of high-performance computing for the meteorological and climate research is one of our great concerns.

11月
21
2018
異常気象研究会2018・第5回観測システム・予測可能性研究連絡会 @ 京都大学宇治キャンパス
11月 21 – 11月 22 全日

本研究集会は,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にしています。そのため,広く異常気象や長期変動のメカニズム,データ同化やモデルに関する発表も歓迎します。多数のご参加をお待ちしております。

本研究集会は,第14回「異常気象と長期変動」(異常気象研究会)で,第5回観測システム・予測可能性研究連絡会との共催です。

講演者には,後日4ページほどの講演要旨の提出をお願いします。

目的: 季節予測は,防災・減災のためのみならず,産業や社会経済に対して大きなメリットがある。季節予測の基盤となる大気海洋結合モデルやデータ同化は急速に進展している。一方,エルニーニョ等大気海洋結合現象がもたらす年々変動や,大雨,豪雪,旱魃,冷夏,熱波などの様々な異常気象のメカニズムや予測可能性,異常気象と地球温暖化との関係には依然として課題が残されている。本研究集会では,季節予測システムや異常気象に関する最新の研究成果について討論する。

主催: 小林ちあき(気象庁気象研究所 主任研究官)
共催: 向川 均(京都大学大学院 教授),余田成男(京都大学大学院 教授),
木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授),榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授)

日時: 2018年11月21日(水)午後〜22日(火)(懇親会: 11/21 セッション終了後)
場所: 京都大学 宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F大セミナー室(301号室)

講演・参加申込

締切 2018年9月30日

https://www.dpac.dpri.kyoto-u.ac.jp/anomaly/workshop2018