日本気象学会からの声明等

新着情報

「研究に関する男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査(研究者対象)」について
2019-12-10
2019年度 先生のための気象教育セミナー2019年度 先生のための気象教育セミナー
2019-12-07
宇宙航空研究開発機構招聘職員(任期制職員・常勤) の公募について
2019-12-06
JAXA経験者採用の公募のお知らせ
2019-12-04
日本気象学会 2020年度春季大会日本気象学会 2020年度春季大会
2019-12-03
気候講演会「海と気候変動~海が異常気象を引き起こす?~」
2019-12-02
(公社)日本気象学会 第41期役員候補者選挙の告示
2019-12-02
(公社)日本気象学会 第41期役員選挙
2019-12-02
第41期役員選挙管理委員会立候補受付
2019-12-01
日本気象学会 2020 年度秋季大会日本気象学会 2020 年度秋季大会
2019-11-28
衛星地球観測ミッション公募(第二回試行)のお知らせ
2019-11-26
日本気象学会東北支部 令和元年度気象講演会
2019-11-26
2020年度小倉奨励賞受賞候補者の推薦募集
2019-11-25
海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 アプリケーションラボ 上席研究員もしくは上席技術研究員 公募
2019-11-20
気象集誌からのお知らせ (2019.11.19)
2019-11-20

行事予定

12月
20
2019
GCOM衛星利用シンポジウム『「しきさい」と「しずく」が捉えた地球~複数ミッションによるグローバル観測の時代~』のご案内 @ 御茶ノ水ソラシティ2F ソラシティホール【WEST】
12月 20 @ 1:30 PM – 6:00 PM
GCOM衛星利用シンポジウム『「しきさい」と「しずく」が捉えた地球~複数ミッションによるグローバル観測の時代~』のご案内 @ 御茶ノ水ソラシティ2F ソラシティホール【WEST】

JAXAでは、このたび2019年12月20日(金)にGCOM衛星利用シンポジウムを開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

地球変動観測ミッション(GCOM)を構成する2機の衛星、GCOM-W「しずく」は2019年5月に打上げから7年を達成しており、GCOM-C「しきさい」も2019年12月に打上げから2周年を迎える予定となります。

本シンポジウムは、2衛星が揃って観測データの提供開始してから一周年を機に、気候変動研究や実利用機関における利用の成果と今後の展望をお伝えし、各種データの利用促進を図ることを目的として開催するものです。

多くの皆様のご出席をお待ちしております。

———————————–記—————————————

日  時: 2019年12月20日(金)13:30~18:00(開場13:00)

開催場所: 御茶ノ水ソラシティ2F ソラシティホール【WEST】

主  催: 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

後援(予定): 内閣府宇宙開発戦略推進事務局、文部科学省、経済産業省、

気象庁、海上保安庁、他

参加申し込み: 以下にて参加申し込み(事前登録)を受け付けています

(定員300名、参加費無料)

http://www.pco-prime.com/gcom_sympo2019/

お問合せ: シンポジウム事務局 TEL 03-6277-0117(㈱プライムインターナショナル)

———————————————————————————————

★GCOMシンポジウムのインスタグラムを開設いたしました

GCOMInstagram

https://www.instagram.com/gcom_jaxa

12月
26
2019
第11回熱帯気象研究会 @ 富山大学五福キャンパス 理学部棟2F 多目的ホール
12月 26 – 12月 27 全日

熱帯気象研究会を下記の要領で開催します。

日時:2019年12月26日(木)~27日(金)
場所:富山大学五福キャンパス 理学部棟2F 多目的ホール
主催:熱帯気象研究連絡会
詳細:http://www3.u-toyama.ac.jp/hamada/tropmet11/

要旨
2018年9月に名古屋大学で開催された第10回に引き続き,第11回熱帯気象研究会を開催いたします。例年通り口頭とポスターセッションを設け,口頭発表には質疑含め各30分程度の時間を確保します。最新の研究成果をじっくりと発表・議論しながら,プロジェクトの枠を超えた熱帯気象研究のさらなる活性化を図ります。研究会をひとつの足がかりとして研究の芽が育つことを強く期待します。関係各分野からの講演を広く募集します。

講演申込要領
応募締切:2019年11月29日(金)
研究会情報ウェブページに掲載している「講演申し込み」の欄に記載のフォームにしたがって,title,authors,affiliation,発表形態の希望(口頭たはポスター),連絡先Emailをご記入の上, 下記宛にメールで申し込んでください。後日(12月16日〆切)Abstract(200語程度)をお願いする予定です。

参加申込み及び問い合わせ先
LOC: 濱田 篤(富山大学)

 

 

1月
5
2020
2019年度 先生のための気象教育セミナー @ 一般財団法人 日本気象協会 会議室
1月 5 @ 1:30 PM – 5:30 PM
2019年度 先生のための気象教育セミナー @ 一般財団法人 日本気象協会 会議室

特設ページはこちら

2019年度は、キャスターによる温暖化の授業と、立教大学・高橋敬子先生のご指導による「気候変動ミステリー」の実習を行います。「気候変動ミステリー」では、システム思考のプロセスを活かし、問題解決を図ることで、生徒に考えさせる授業の構築に役立つものです。また、防災についての教材開発についてもご紹介します。なお、このセミナーは事前申込制となりますので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。なお、本事業は「小倉義光・正子基金」の資金援助を受けて実施しています。

内容:
1.気象キャスターが教える温暖化(50分)
  講師:南 利幸(気象キャスター・教育と普及委員会)
2.気候変動ミステリー(90分)
  講師:高橋 敬子(立教大学ESD研究所)
3.防災教育の実践例紹介(40分)
  講師:荒川 知子(田園調布学園・教育と普及委員会)
4.懇談(20分)

対象: 中学校・高等学校教員

定員: 35名

参加費用: 1000円

申し込み方法: こちらの受付フォームにてお申し込みください

申し込み〆切: 12月20日(金)

2月
1
2020
気候講演会「海と気候変動~海が異常気象を引き起こす?~」 @ 一橋講堂
2月 1 @ 2:00 PM – 4:00 PM
令和元年度気候講演会が令和2年2月1日(土)に開催されます。
 
  • 日時:令和2年2月1日(土)14時~16時(開場13時30分)
  • 場所:一橋講堂(千代田区一ツ橋2-1-2)
  • 対象:一般、300名(参加費無料・事前申込制(先着順))
  • 主催:気象庁、(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター
  • 後援:文部科学省、環境省、地球ウォッチャーズ-気象友の会-

講演内容:

「海と気象」 東北大学大学院理学研究科 准教授 杉本 周作 氏

海洋と気象の関係、海洋が台風といった気象に与える影響について解説します。さらに、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が公表した「海洋・雪氷圏特別報告書」より海洋の現状や今後起こりうる海洋の変化など、“海洋”にまつわる最新の研究を紹介します。
 
「気候危機と防災」 気象キャスター 蓬莱 大介 氏
 
2018年大阪を襲った台風第21号の映像を見ながら、危険度分布やハザードマップなどの防災情報の見方も含め、“防災”についてお話しします。また、気象キャスターの視点から、“気候危機”というキーワードで気候変動についてお伝えします。その他、気象キャスターの裏側の話も。
 
詳細はこちら → 気候講演会公式HP
5月
19
2020
日本気象学会 2020年度春季大会 @ カルッツかわさき
5月 19 – 5月 22 全日

日本気象学会2020年度春季大会が 2020年5月19~22日にカルッツかわさきで開催されます。

特設ページはこちらです。

6月
8
2020
8th International Symposium on Data Assimilation (ISDA2020) @ Canvas Stadium, Colorado State University
6月 8 – 6月 12 全日
8th International Symposium on Data Assimilation (ISDA2020)
6月 8 – 6月 12 全日
10月
28
2020
日本気象学会 2020 年度秋季大会 @ 京都テルサ
10月 28 – 10月 30 全日
日本気象学会 2020 年度秋季大会 @ 京都テルサ

日本気象学会2020年度秋季大会は 2020年10月28~30日に京都テルサで開催されます。