夏季大学

夏季大学

日本気象学会では、最新の気象学の知識の普及を目的として、学生・大学院生、小・中・高等学校の教諭、気象予報士及び気象に興味を持っている一般の方々を対象に、毎年夏休みの時期にやや専門性の高い講座である「夏季大学」を開講しています。夏季大学は著名な講師の方々による講義が中心です。大学の期末試験のようなテストを行うことはありませんが、年によってはクイズ形式の問いかけを行うことがあります。

2019年の夏季大学は8月3日~4日に行なわれます。
詳細は下記をご覧ください。

過去の夏季大学の様子


第53回夏季大学

テーマ:降雪・積雪予測と雪氷防災の最前線

日時:2019年8月3日(土)~4日(日)
場所:気象庁講堂(東京都千代田区大手町1-3-4)
定員:100名程度
参加費用:一般5000円 学生3000円
※銀行振り込みになります。
 詳細は申し込み後に別途自動メールで連絡致します。
申し込み:こちらからお申し込みください。
締め切り:2019年7月26日(金)※申し込み多数の場合は事前に申し込みを締め切らせていただく場合がございます。


講義内容と時間割

今回の夏季大学のテーマは「降雪・積雪予測と雪氷防災の最前線」です。平成30年2月の北陸地方平野部を中心とした大雪や平成26年2月の関東甲信・東北・北海道地方での大雪・暴風雪等、広範囲に甚大な被害を及ぼす雪害が近年相次いでいます。一方で、気象学に加えて雪氷学分野の研究の発展により、雪崩等の雪氷災害対策への取り組みも推進されています。このような背景から、今回の夏季大学では「雪」をキーワードとして、近年の最先端の研究による科学的知見や降雪・積雪予測を基にした雪氷防災に関する幅広い内容について、専門家の皆様から講義を行っていただく企画にしました。

※講義の題名は変更となる場合があります。要旨は7月上旬に公開します。

■ 8月3日(土)

10:30~10:35 開講挨拶

10:35~10:50 講師と夏季大学の概要紹介

10:50~12:00 雪に関する防災気象情報の改善  土井内則夫(気象庁)

       解析積雪深・解析降雪量の概要  石井恭介(気象庁)

13:00~13:50 吹雪災害と吹雪への備え  丹治和博(日本気象協会)

14:00~14:50 雪国の防災とまちづくり  上村靖司(長岡技術科学大学)

■ 8月4日(日)

10:00~10:50 地球温暖化で変わる日本の雪  川瀬宏明(気象庁気象研究所)

11:00~11:50 日本各地に大雪をもたらす大気循環場の特徴  本田明治(新潟大学)

13:00~13:50 雪崩発生のメカニズムと予測の試み  中村一樹(防災科学技術研究所)

14:00~14:50 学習到達度試験(クイズ形式)

14:50~14:55 閉講挨拶


■ これまで(第40回以降)の夏季大学のテーマ
第53回 2019年8月3・4日 降雪・積雪予測と雪氷防災の最前線
第52回 2018年8月4・5日 浸水・洪水予測と気象防災の最前線
第51回 2017年7月29・30日 新世代の衛星が切り開く新しい気象の世界
第50回 2016年7月30・31日 エルニーニョ現象と異常気象
第49回 2015年8月1・2日 地球温暖化入門
第48回 2014年8月2・3日 ザ・竜巻
第47回 2013年7月27・28日 台風学の最前線
第46回 2012年8月5・6日 北極温暖化と異常気象
第45回 2011年8月6・7日 気象観測技術の最前線(2)
第44回 2010年8月7・8日 気象観測技術の最前線
第43回 2009年8月1・2日 顕著現象の解析
第42回 2008年8月2・3日 気象のシミュレーションⅢ
第41回 2007年8月4・5日 気象のシミュレーションⅡ
第40回 2006年8月5・6日 気象のシミュレーション
過去の夏季大学 開催一覧(PDF)