2019年度堀内賞、正野賞、山本賞、小倉奨励賞の受賞者決まる

日本気象学会は下記の通り、2019年度堀内賞、正野賞、山本賞、小倉奨励賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。

これまでの受賞者は気象学会の表彰でご覧ください。

堀内賞

2019年度堀内賞の受賞者(詳細)

・金谷 有剛(海洋研究開発機構)

    分光学的手法を用いた観測によるアジア大気汚染の統合的理解の推進

正野賞

2019年度正野賞の受賞者(詳細)

・今田 由紀子(気象研究所)

    気候モデルを用いた短期気候変動予測研究および極端気象に対する温暖化寄与推定の研究

・佐藤 陽祐(北海道大学)

全球雲解像モデルを用いたエアロゾル・雲相互作用に関する先端的研究

山本賞

2019年山本賞の受賞者(詳細)

・道端 拓朗(九州大学)

    数値気候モデルと衛星観測の複合利用によるエアロゾル・雲・降水相互作用に関する研究

・横田 祥(気象庁予報部)

   データ同化とアンサンブル予報を用いたスーパーセル竜巻の発生要因と予測に関する研究

小倉奨励賞

2019年小倉奨励賞の受賞者(詳細)

・高野 哲夫(株式会社 SnowCast/日本気象予報士会)

    山形県及び新潟県の気象解析のための数値モデルの開発

・中山 秀晃(東京都立小平高等学校/日本気象予報士会)

WebGISを活用した関東地方の雨雪判別と降雪情報の開発